上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんでもありか―静と理恵子の血みどろ絵日誌
伊集院静/西原理恵子
双葉社 刊
発売日 2008-03-26
価格:¥1,680(税込)
オススメ度:★★★★★


書くほうも描くほうだし、読むほうも
週刊大衆」というなかなか店頭買いしにくい雑誌に掲載されているため単行本に頼らざるを得ない。
「成人の日のサントリー広告」のように居心地の良いマンネリ感、伊集院センセイのきれいな小説とはうって変わったドロドロ感、そして西原画伯のヘタウマなイラストとツッコミ。
すべてが絶妙にブレンドされていてたまりません。
今回は、旅や松井、武の話が多いので割りと爽やかな一面も。
これだけ競輪の悪口をいうのならとっととやめればいいのに、というのはまったく素人の考えであって一度競輪場のゲートをくぐると死ぬか、完全に破産するまでやめられない無間地獄、いや天国である実感が湧いてくる。
阿佐田哲也以後の「無頼派」をしょって立つ伊集院先生ならではのシリーズ本。
競輪施行者のみなさま、ぜひ「伊集院杯」を設立してください。
さらに詳しい情報はコチラ≫

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/883-7aab227b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。