上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイバラ茸6サイバラ茸6
西原 理恵子
講談社 刊
発売日 2007-03-30
価格:¥1,890(税込)
オススメ度:★★★★



泣けてきた。

この本の出るちょっと前に、西原さんの旦那様である鴨志田穣氏が亡くなりました。
喪主は西原さんだった。離婚したのに復縁してたみたいです。彼女らしいと思った。


この本には、その鴨志田氏との共著からの挿絵漫画も多く、亡くなったことを知って読むと、胸がかき乱される感じです。仲いいんですよね、この2人。ほんとに、、、なんとも言えない”切なさ”?を感じます。どうにもできない人生に対するもどかしさなんかを感じます。本を閉じた後にも、ため息をついて何かを考えてしまう感じです。


ギャグマンガ本読んでたのに!?彼女の作品、最近では”毎日かあさん”なんかも、こうなんだか人の泣けるツボをツンと突く瞬間がありますよね。それが、とんでもないこと書いてるようで、人生の中のなにか大切な物を言い得てる。そんな気がします。


この本の中の鴨ちゃんは、本当にとんでもなくダメな人なんだけど、それを観察して画くサイバラの愛情を感じられる気がする。離婚したのはしょうがない。そらするわ。


でもその後も、アルコール中毒から抜け出す手助けをして昨年に復縁。すごいなぁ~。


なのに、今年の桜が咲く前に亡くなってしまった。なんという人生、、、。


本当に最後まで面倒をみてたんだろな。彼女は本当にあっぱれ!です。


この本を購入することで、鴨ちゃんへのお香典になればいいな。


そう思わせるサイバラ茸6でした。



今回の出典は、それがどうしたはじめてわかる国語カモちゃんの今日も煮え煮えばらっちからカモメール続ばらっちからカモメール最後のラブレターもっと煮え煮えアジアパー伝たぬきの皮算用2、です。
亡くなられた元ご主人・鴨志田穣さんとの共著からの再録が多いのですが、違う方との共著からの作品がちらほら混ざっているので、著者の往年のファンには買うか買わないか難しい選択になりそうです。
前作が初期作品集とテーマがはっきりしていましたが、今作にもそのようなテーマがあっても良かったかと思います。



今回は残念な事に、カモちゃんの今日も煮え煮えから再録された漫画がきれいに印刷されていません。
何か事情があったのでしょうが、この状態で本に載せてしまうくらいなら今回は掲載を見送った方が良かったのではないでしょうか。
新作の無い作品集と解っていながら買うファンの気持ちを、作り手側にはもう少し汲み取ってもらいたいです。



さらに詳しい情報はコチラ≫


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/863-eaf13ca5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。