上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まあじゃんほうろうき (下)まあじゃんほうろうき (下)
西原 理恵子
竹書房 刊
発売日 1996-05




西原せんせ、成長の記録
西原せんせの破天荒な方の漫画家としての成長過程が良く分かる本です。最初は、絵は純粋に下手だし、お話も麻雀が分からないと笑えません。しかし、話が進むにつれて、絵はどんどん洗練された下手な絵になっていき、お話も麻雀を知らなくても笑える内容になります。
買って損はしないです。万引きはやめましょうね。
私が一番笑ったのは、末井さんの先物取引失敗の話。「あのね、お金を払わないと来るの。大豆100トンが。

完全に嵌ってます!
まあじゃんほうろうき」下巻は、西原さんが”完全”に博打に嵌っていますね。
 いつのまにか、可愛らしかった上巻の西原理恵ちゃんが、ここでは目が血走り始め、さらにいつのまにか”トリ”になってしまっています。
 いつも羽をむしられたトリになってしまいます。
 師匠とレッドスネイク博○堂に、”いんぜい”を残らず毟り取られるのですが、最後は放心状態になって何を言われてもただ「ハイ」と答えてしまうようにまでなってしまいます。どんどんとエスカレートしてゆくんですね。海外旅行に行っても、観光も全てパスしてただひたすらギャンブル
 しかし、ギャンブルに嵌った人は、結構分かるんじゃないですかね。この心理は・・・。
 ・・・・でも、可笑しくて笑ってしまいますね。 身体を張った漫画なんでしょうね、きっと。
 これは面白いです。 


さらに詳しい情報はコチラ≫


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/779-1d742089
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。