上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイバラ茸4サイバラ茸4
西原 理恵子
講談社 刊
発売日 2006-01-17




腹筋割れます
本屋で立ち読みした本です(すみません。。。)
アマゾンに旅行したときのドタバタなどをブラックなギャグで描いている。
キレのある突っ込み。
汚れギャグ満載。
しかも実体験ベース(多分)。

マジで面白い。

この人、「女捨ててるな」って思うんだけど、そこがまたスカっとしてて爽快で楽しい。

例えば、アマゾン川で用を催して、船の上で暮らしてる家に言ったら、便器の下は魚がウヨウヨ泳いでて、人の排便物を食べてたとか。

通称「魚ウォシュレット」

んで、家の人達はその魚を釣って漫画家達客人を持てなす。

漫画家達は自分の出したブツを食べた魚を食べて悟りを開き、宇宙とか輪廻転生とかフーコーとかサルトルとかいった、なんだかわからないものを凌駕する高度な、すげぇ高度な哲学を感じとる…

確かに自己完結なエコなサイクルではある…

が…

オレ、そんなんで絶対悟りたくない!!

といったギャグ満載で本屋で笑い死にそうだった。

腹筋のトレーニングにオススメな一冊。
腹筋割れそうです。ほんと。

今回既読の漫画が多い
今回はもともと漫画として完結していた作品が多く、この本を買っている人が期待している他の作家の本と組んで書いた一こまカットや漫画が少ない。
だからファンからすれば、ここに記載されているほとんどの作品を既読だろう。
ただこうやってまとめて読むと鴨との夫婦生活がどう始まり、どう終わっていったかが漫画そのものより絵のタッチやセリフから読み取れてしまって面白い。
最初の頃は漫画ではボロクソ言っていてもやはり楽しそうなのだが、鴨が壊れていき離婚寸前の頃の作品は内容も絵も荒い。
(西原は同情されたくないだろうが、多分かなり追い込まれて苦しかったと思う)
上で書いたとおり、ファンにとっては新作が読めるわけでもなく、既読のものが多いので買うのをためらうところだと思うが、内容考えればけっして高い買い物ではない。




さらに詳しい情報はコチラ≫


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/733-ae1bc12b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。