上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バカの瞬発力バカの瞬発力
西原理恵子 /ゲッツ板谷
角川書店 刊
発売日 2003-03




常識を越えたバカたち
 1999年に二見書房から出た単行本の文庫化。
西原理恵子銀角グレート巨砲との対話形式で、身近なバカたちについて語った本。
白夜書房の編集者や家族がターゲットとなっている。
とにかく、バカすぎる。ネタにされる人たちもバカだが、作者もバカだ。バカだから、バカについて気取ったり考察を深めたりせず、まっすぐそのままバカを描いている。
何も考えずに楽しめる一冊。
西原理恵子漫画が合間に挿入されている。

面白くて変
この本は作者の身近にいる面白くて変な人の話を3名の対談形式によっておもしろおかしく書いているそんな本です。もちろん対談者には西原理恵子ゲッツ板谷もいます。
なぜかこういう人たちが側に集まってしまう作者はある意味すごい人だと思います(笑)。
手軽にちょっと面白い本を読みたいな~って言うときにお薦めです。

なぜ、私の周りにはこんなバカ達がいないのか。残念に思いますよ
 著者、ゲッツ板谷さんの周りのバカを紹介する内容の本書。特に弟ネタ、担当編集者ネタなど、多くのバカを引きつけるゲッツさん自体にも問題があるような気も。とにかく冒頭から最後まで「鯉に色を付ける総合ビジネスに手を出す弟」「夜九時には寝てしまう編集者」など役には立たないが、笑いは取れる愛すべきバカ!のラッシュ。
 心の底から「そんなヤツ、本当にいるのか?」とつっこみたくなるが、本当にいるなら会ってみたい気もする抱腹絶倒の内容だ。
 


さらに詳しい情報はコチラ≫


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/700-b3d5c7c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。