上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム怪人紀行ベトナム怪人紀行
鴨志田 穣 /西原 理恵子 /ゲッツ板谷
角川書店 刊
発売日 2002-12




ベトナムを縦断する
1999年にスターツ出版から出た単行本の文庫化。
ゲッツ板谷鴨志田穣に、通訳兼コーディネーターの鈴木くんが加わって、はちゃめちゃな旅を繰り広げている。
ベトナム戦争を柱に据えつつ、南北に長いベトナムを縦断していく。しかし、堅苦しい内容に陥ること(一ヶ所も)なく、馬鹿馬鹿しいながらもきちんとベトナム戦争が理解できるようになっているのは凄い。
人間の欲望がナマで感じられる良書だと思う。

ベトナムの食い物と人、生活感があふれる本
ベトナム乱暴紀行の敵討ちのような1冊。...敵を討てたかどうかは読んでのお楽しみ。
ベトナムの歴史も文化も日常も、的確かつわかりやすく詰め込んである。中でもベトナム戦争を暴走族に置き換えての解説は、わかる人には最高に理解しやすい。合わせて鴨志田穣氏による写真は、撮られた対象のベストショットと言っても過言はないだろう。

ヴェトナムに住んでます。
スッキリしました。
ヴェトナムに実際住んでますが、本当に現在も強かな『怪人』ばかり住んでます。(-_-;)
純粋な『日本人』が『怪人』の中でいかに『負けず』に住んでいられるかこの本で、判った様な気がしました。
ヴェトナムに、負けそうになった時にとっても励みになりました。
それ位、ヴェトナムを知るには最高な本だと思います。
是非、『ヴェトナム』を尋ねる前に、前準備として必読すべき本だと思います。書かれた年よりは若干な発展は有りますが、さほど、違いは有りません(~_~;)

ちょっといい読みものです
以前の「タイ紀行」に続いて思わず本書を手にとってみました。
読み進んでいくうちに感じたことですが、個人的に「タイ」よりもこの「ベトナム」の方が全然面白かったです。
まず視点が全然違うからかな?と思います。前回は場所(名所)や建物、道中の描写など「物」を対象にしたコメントも多かったのですが、今回は圧倒的に「人」に焦点が当てられているということが大きな違いになっています。
現地の人々のインタビュー(これに関するコメントや、ふと我に返った発言などが破壊的に面白い)がこまめに繰り返されているのもいい味をだしてます。
途中のベトナム現代史(大国の権力抗争)を「暴走族勢力争い」に置き換えた説明は見事!としかいいようがありません。「なるほど!」と納得できる説明でした。またこの説明が本書全体のベースになっていて、各所でいい「出汁(ダシ)」をきかせてます。
やっぱりどんな場面であろうと、結局は「人の琴線を震わせるのは(基本的に)人」なのかなぁ。と思ってしまった楽しい一冊です。

バカバカしくて楽しいのみならず、ベトナムを知る一助になる
怪人紀行シリーズは、これまでにタイ編・本書・インド編と出ているが、その中では一番面白かった。私の場合たまた本書を最後に読んだということもあろうが、適度な真面目さと恒例のバカバカしさの按配が絶妙で、一気読みしてしまった。
またこれからベトナムに行くという人には格好の“裏ガイドブック”になると思う。この本で、ベトナム人気質の何たるかを予備知識として仕入れていけば、不意の出来事が出来してもなんとか対処できるかもしれない。まあ、下手すると問題を余計ややこしくする羽目になる可能性もあるが…。
とにかくベトナムに興味のある人、さしたる興味はないが、ベトナムならびにベトナム人に関わらざるを得ない人は必読である。


さらに詳しい情報はコチラ≫


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/699-d10f08fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。