上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Monster (17)Monster (17)
浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 2001-08
価格:¥530(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★




疑いの目に鬼を見るとき
 50年代にアメリカで人気を博したTVシリーズ「トワイライト・ゾーン」に「メープル通りの怪物」というエピソードがあります。小さな町で仲良く暮らしていた住民たちが、ある些細なことをきっかけに自分たちの内の誰かが実は宇宙からの侵略者ではないかという疑いを抱くという物語です。不信感が募ってやがてそれが隣人同士の殺戮合戦へと発展してしまいます。しかしことの真相はというと、地球人同士に効率的に殺し合いをさせるには疑心暗鬼の心を植え付けるのが一番だということを実証するために宇宙からの侵略者たちが実験をしていたというのです。なんとも底冷えのする恐怖話でした。 Monster17巻はこの「メープル通りの怪物」を思い起こさせる物語が展開します。南ドイツの静かな小村ルーエンハイムで、住民同士が互いに疑心を募らせていきます。そしてこうした人々の心に疑いの炎を焚きつけている人物が確かに存在するのです。 疑いの心が、防御の名のもとに他人を傷つけることを正当化していく。例えば夜道を歩くあなたの目に道路の向こうから見かけない人物が歩いてくるのが見える。その人物が突然ポケットからキラリと輝く細長い金属質のものを取り出したとしたら、あなたの心はどう反応するでしょうか。たとえそれが実は携帯電話だとしても、夜目にはナイフに見えないとは言い切れません。 人間の心の脆さをまざまざと見せつける第17巻は、モンスターがひとりヨハンの中にだけ巣食う怪物ではないということを暗示しています。絶対的な邪悪は私たちの胸の中にもいないわけではない、と語りかけるMonsterはいよいよ次巻で大団円を迎えることになります。

おすすめです
医者であったドクター・テンマは、素晴らしいオペの技術を有しており、院長の娘と結婚を前提として付き合い、順風満帆な将来を保障されている立場であった。しかし、利潤を求める病院経営は人の命を平等として扱わず、それに対して疑問をもったテンマは、一大決心をして貧しい子供の命のオペを、資産家を無視して助け、その将来を棒に振った。
しかし、その少年は後に、大量殺人を繰り返す怪物の心を持っていたのだ・・・。
リアリティがあり、非常にクオリティの高い漫画。
連続ドラマや実写の映画にしても他と引けをとらない、完成度の高い作品です。
さらに、日本人の漫画家が描いたことを誇りに思ってしまうほど、非常にワールドワイドな作品。

ルーエンハイムにて・・・
 「モンスター」は最初めちゃくちゃ面白くて、中盤はほとんど面白くなく、最後の大詰めで少し面白くなったかな、という作品だった。だから、最初の5巻ぐらいまで読んで全部買おうと思ったあなた、要注意です。でも、序盤の面白さを見たら全部買わずにはいられないかもしれないなぁ。最後のほうはルーエンハイムに今までの登場人物の全員が集まってくるという読んでいて絶対にこれが最後だな、と思ってしまう話。6巻ぐらいで本当は終わったほうが良かったんじゃないか、浦沢直樹的には。

いよいよ大詰め
難しいなぁ、よくわからないなぁ、と思いつつももう17巻。ずっと読んでいます。
漫画といっても決して侮れない深い作品。
歴史+社会+推理+サイコ・・などなどいろいろな要素で楽しめます。
気晴らしにするには、ちょっと重いけれど、たまにはこんな作品を読むのも、良いのでは?!
普段、漫画を読まない方に、ぜひ読んでいただきたい作品です。


さらに詳しい情報はコチラ≫





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/491-27dd5550
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。