上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Monster (11)Monster (11)
浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 1999-05
価格:¥530(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★




ヨハンの進む先
 さすがに第11巻ともなるとこれまでの主要登場人物たちの関係について記憶が不明瞭にならざるをえないかもしれません。それゆえか、巻頭に人物相関図が掲げられていて、読者の記憶を呼び起こす助けとなっています。 第10巻から引き続き、物語の舞台はプラハです。旧チェコ国家秘密警察とヨハンの双方が別々に、「511キンダーハイム」の資料をめぐってテンマたちを追い詰めていきます。秘密警察側が資料を追う理由は比較的容易に示されますが、ヨハン自身が果たして何を求めて行動しているのかはここでも明らかにされることはありません。
 というよりもむしろヨハンにも自分がどこへ向かっているかを見定めることができずにいた様子がうかがえます。 しかし巻末ではようやくヨハン自身にも向かうべき道が見えたことが示唆されます。孤児院時代の資料が彼の心の本当の闇を呼び覚ましてしまったかのような幕切れに、首筋に冷たいものを感じないでいられません。

最高の漫画
画力、構成力などは素晴らしいです。
この巻の展開には驚かされました。
じぶんの持ってる漫画の中で最高です!
ぜひ読んで見て下さい!


さらに詳しい情報はコチラ≫





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/486-3ab44294
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。