上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Monster (12)Monster (12)
浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 1999-08
価格:¥530(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★




あなたが生まれてきた理由は何ですか?
 ルンゲ捜査官が休暇と称してプラハへと乗り込むところから始まる第12巻。本書のテーマ、それは「あなたが生まれてきた理由は何ですか?」。 ビーアマン(第10~11巻)の「実験対象」であった孤児のひとりミローシュは“モンスター”ヨハンに誘われてドイツ国境の紅灯地区へと向かいます。ミローシュはこの街の娼婦の子。その彼にヨハンはこの街で母親を探してみろというのです。それはミローシュにとって単に母を探す旅ではなく、そもそも生を受けた意味がミローシュにあるかを質す旅でもあると、ヨハンは吹き込みます。 娼婦の息子という出自を知るこの場面は、スタインベックの「エデンの東」のアーロンを想起させます。その場面は映画化された際にも描かれていますからご存知の人も多いでしょうが、アーロンはみずからの出自を知ることによって精神を破壊されてしまいます。果たしてミローシュはどうでしょうか。 「あなたが生まれてきた理由は何ですか?」という問いかけは、ひとり娼婦の子であるミローシュにのみ向けられたものではありません。浦沢直樹はすべての読者に向かってこの問いを鋭く突きつけているのです。
 「あなたが生まれてきた意味など本当にあるのですか?」というささくれ立った問いに対して、明確な回答を出せない読者も少なくないでしょう。 しかしありていに言ってしまえば、人間が生まれてくる理由などはどこかで誰かの手によって決められているものではありません。人間が生まれてくる理由や生きていく意味は与えられるものではなく、みずから見出すものなのです。見出すために人間は生まれてくるのです。ミローシュもやがてそれを知るはずです。 第12巻の後半、絶体絶命の危機にあるテンマに対して、かつて登場した様々な人々が援助の手を差し伸べようと奔走を始めます。あたかもテンマを救うことが彼ら多くの人々の生きる理由のひとつであると見出したかのように。

涙!!
このシリーズは、本当に内容が濃くて、凄く「人間」をリアルに感じるなぁ。。と思うのですが、特にこの12巻は、寂しい大人が多い現代、胸に刺さる何かを感じるのではないでしょうか??本当は人ってあったか~いものなんだよね。。と、思わず号泣!(笑; いつまでも忘れてはいけない、子どもの頃の純粋さを、今自分は持ってるだろうか??と自問したりもして。。浦沢さん!やっぱ、すごいっす(^^)


さらに詳しい情報はコチラ≫





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/485-8b985188
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。