上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Monster (8)Monster (8)
浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 1998-02
価格:¥510(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




チェコスロバキアの絵本
 第7巻までは物語の舞台を統一後のドイツ国内各地に転々と移していった「モンスター」ですが、第8巻ではようやくチェコスロバキアという国の名前が私たち読者の前に立ち現れてきます。 私は1985年、当時共産主義政権下にあったチェコスロバキアの首都プラハに旅したことがあります。世界で最もビールのうまい街とそれまでに散々聞かされ、また当時公開して間もない映画「アマデウス」のロケ地であるということが私をこの街へといざなったのです。確かにビールは噂にたがわぬ味わい深いものであり、また近世の姿を保った美しい街並みの中で時の流れをしばし忘れることが出来ました。 この街では英語がほとんど通じない一方でドイツ語が想像以上に通じることに驚いたものです。ホテルのフロントも酒場のマダムも郵便局の窓口も私のつたないドイツ語を理解してくれたのですが、実は私はドイツとチェコとの緊密な歴史的関係について当時はほとんど知識を持っていませんでした。 この「モンスター」を読む若い読者も、当時の私同様この二つの国(今やドイツとチェコとスロバキアという三つの国となりましたが)の関係についてはあまり情報をもっていないことでしょう。
 ぜひこの第7巻をきっかけにインターネットなどで20世紀東ヨーロッパの歴史をひもといてみてください。 ちなみに私がこの時プラハから日本の友人たちのために買って帰ったお土産は、絵本でした。当時の私にはチェコ語を学んでいる友人が何人かいて、そしてこの「モンスター」で描かれているように、チェコの素朴な絵本は国際的に知られていたからです。
 そんなことを懐かしく思い出しながら、この第7巻を読みました。

おすすめです
非常にワールドワイドで、人間性が巧みに書かれており、リアリティとクオリティが高い漫画。
しかし、逆に言うとリアリティがありすぎて、それなりのエンディングを迎えているが、それは物凄くいい所でも有る。
連続ドラマや実写の映画にしても他と引けをとらない、完成度の高い作品です。

浦沢さんは最高です!
MONSTERは友達に勧められて読みました。マジハマります。これ以上いうことないっす。そん位いい作品です!


さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/483-7abed609
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。