上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Monster (9)Monster (9)
浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 1998-07
価格:¥510(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★




心理的ハードル
 第9巻にしてようやくDr.テンマとヨハンは命を賭した闘いを展開します。フリードリッヒ・エマヌエル校図書館の対決場面は、エイゼンシュタイン以来の映画モンタージュの手法に則り、これでもかという勢いで複数の短時間ショットをたたみかけ、緊迫感あふれるシークエンスに仕上げています。日本のアクション映画が製作予算の関係でショット数を節約せざるをえない中、今やこうしたマンガの世界のほうが映像モンタージュの豊かな可能性を遺憾なく発揮できているといえます。 またこの場面は視覚的な見せ場というだけではなく、人を殺(あや)めることの重みについて読者に強く問い掛けています。
 昨今、人の命を奪うことに逡巡の念を抱かないような殺傷事件が多発しています。しかし誰かの「未来を断ち切る」(192頁)ことの甚大さを普通の人々はまだ認めているはずです。ですからDr.テンマも二ナもヨハンに留めを刺すことができません。
 図書館の場面では、テンマも二ナも自らが手を下せないと同時に、互いを殺人者にするわけにはいかないという配慮をギリギリの瞬間までしています。そこに私たちは健全な心を見るのです。 そこで思い出したことがあります。オウム教徒たちは世界をより良くすることを信じて宗教活動に走った若者たちがほとんどでした。しかし彼らは教団活動の途上で軽犯罪を重ねることで、重罪犯への階梯を知らず知らず歩かされていったのです。誰しも軽犯罪に対してはさほど良心の呵責を感じませんが、手を染める罪の程度を徐々に上げていくことで犯罪に対する心理的ハードルはどんどん低くなり、やがて殺人へと容易にたどり着くことができるというのです。人の心が健全さを失う道程は思いのほか複雑ではないのです。 第9巻以降のテンマにとっての心理的ハードルはどう変化するのでしょうか。今後の展開が楽しみであると同時に、心寂しい想像にも囚われてなりません。

凄い構成力です
作者の浦沢直樹さんは物凄い構成力をもっていると思います。
この9巻の展開は凄かったです。
この漫画は一巻を買っただけでは面白さは伝わらないと思うので買い始めるときは1巻と2巻を一緒に買う事をお勧めします。
読んだら必ずこの漫画の世界に引き込まれていくはずです。


さらに詳しい情報はコチラ≫





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/480-61897e7c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。