上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Monster (3)Monster (3)
浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 1996-03
価格:¥509(税込)
発送可能時期:通常2~3日以内に発送
オススメ度:★★★★




人間を自由にする「踏み外し」
 旧東ベルリンへやってきた主人公Dr.テンマ。3巻目にして物語は“モンスター”ヨハンの出自の秘密に踏み込んでいきます。旧東独が運営していた孤児院「511キンダーハイム」で国家の壮大な実験が行なわれていたようだということが見えてくるのです。 第3巻で描かれるのは、制度の枠組みを敢えて踏み外す人々の勇気です。人間は安寧と秩序を求めて制度という枠組みを社会のそこかしこに築き上げてきました。その制度の枠内に身を置く限り、安穏と生きるもしゃかりきに生きるも、まずは一定の安定を得ることが可能です。 かつてのDr.テンマは大病院という確固たる制度の中で順風満帆に過ごしていたのですが、やがて医師としてのありかたに疑問を抱き、そして巨大な事件に後押しされるかのように枠を踏み外すに至りました。 第3巻に登場する他の多くの人々も、枠を踏み外すことによって人間として忘れてしまった何かを今一度取り戻していこうとする存在として描かれます。
 例えば、Dr.テンマの道連れとなる少年ディーター。彼は「511キンダーハイム」の亡霊ともいえる枠組みの中に自らを押し込んでしか生きられない子供として登場します。そんな彼にテンマは「そこから降りるか降りないか、自分自身で決める」(122頁)勇気を求めるのです。 またDr.シューマンは、大切な人を二度と失わないために、人生を踏み外すことにした人物です。また、警官ハインツは出世の糸口ともいえる事件を前にしながら、最後には敢えて上司に嘘の電話をかけるという「踏み外し」をするのです。 こうした踏み外しは私たちに「選択する勇気を持つことによって自らを自由にする」ことを教えてくれます。枠組みが合わなくなったと気づいたときに私たちは枠組みを変える一歩を踏み出すことが求められるのです。

モンスター
医者であったドクター・テンマは、素晴らしいオペの技術を有しており、院長の娘と結婚を前提として付き合い、順風満帆な将来を保障されている立場であった。しかし、利潤を求める病院経営は人の命を平等として扱わず、それに対して疑問をもったテンマは、一大決心をして貧しい子供の命のオペを、資産家を無視して助け、その将来を棒に振った。
しかし、その少年は後に、大量殺人を繰り返す怪物の心を持っていたのだ・・・。
リアリティがあり、非常にクオリティの高い漫画。
連続ドラマや実写の映画にしても他と引けをとらない、完成度の高い作品です。
さらに、日本人の漫画家が描いたことを誇りに思ってしまうほど、非常にワールドワイドな作品。

ネタバレあり
これまでの話の中で最も幼い頃のヨハンが出てくる。そのころから、すでに特異な存在であったことが伺える。また今まで
出てきたヨハンの恐ろしい行為のなかでも突出して恐怖を抱かせる話
が出てくるので、登場人物たちが「ヨハンは恐ろしいモンスターだ」
と盛り上げていたことに、一気に共鳴した。他にも、これからテンマの周りで話を盛り上げてくれそうな、ヘッケ
ルとディーターが登場し、今後の展開が楽しみになる。本編とは関係ないと思われるぺトラとシューマンの話もいい話で、ぺ
トラの息子がテンマを人違いだったと、部長に報告するところはホロ
リときた。

Dr.テンマはどうなるの?
無実の罪をきせされて逃げ始めたテンマは、ヨハンのことを調べる間にいろいろな人間と出会っていく。この第三巻では、ある少年に出会うのだが、その少年に対してテンマが言った言葉が心からはなれない。
「明日はきっといい日だ」今年に入っていろいろといやな目にばかりあっている私は今、この言葉を繰り返し頭に浮かべ、必死でまたがんばっている。恐怖に満ちた物語かもしれないが、明日への希望も与えてくれる、そんな話だと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/476-7f768781
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。