上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Monster (5)Monster (5)
浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 1997-05
価格:¥510(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




想像力を忘れない
 アンナ(ニナ)の養父母を殺した元刑事フリッツは、復讐を果たそうとする彼女に銃口を向けられて初めて、殺されるということが人間の大切な絆を断ち切られることであると悟るシーンがあります。この場面が殊に胸に響きました。 一時の激情にかられただけの理不尽な人殺しが今や珍しくなくなった時代に私たちは生きています。そこには想像力の欠如が大きく関与しているとしか私には思えません。社会とは人間同士の細かな網の目です。ですから自分が生きて為す何かが、自分以外の誰かの人生に大なり小なり必ず影響を与えることになります。フリッツがかつて想像することができなかったのは、そうした網の目を断ち切ることの重大さであり、またこの網の目の中にこそ人間の心の温もりがひっそりと隠れているという事実です。 この5巻目では、ヨハンの殺人を模倣した事件が発生しますが、その犯人に「感情がある」(210頁)ことをルンゲ捜査官は見抜きます。その感情が残虐な殺人をほんの一瞬だけですが躊躇させるというのです。 フリッツといい、この模倣犯といい、想像する感情があればこそ「踏みとどまる」ことが出来るという当たり前のことをこれは語ろうとしています。そして一方で、私たち読者が対峙させられるのは一切の感情を持たない究極の悪であるということも、また鮮明に浮かび上がってくるのです。 なお、9年間にわたって12人の女性を殺した連続殺人鬼として本書の冒頭に登場する人物はペーター・ユルゲンスという名ですが、これは1931年にドイツで処刑された実在の連続殺人鬼ペーター・キュルテンをもじったものでしょう。ペーター・キュルテンはこのペーター・ユルゲンス同様、殺人に際して性的興奮を感じていたという男です。
 興味をもった方は手塚治虫の作品に「ペーター・キュルテン」という短編があるので、手にとってみてはいかがでしょうか。

おすすめです
医者であったドクター・テンマは、素晴らしいオペの技術を有しており、院長の娘と結婚を前提として付き合い、順風満帆な将来を保障されている立場であった。しかし、利潤を求める病院経営は人の命を平等として扱わず、それに対して疑問をもったテンマは、一大決心をして貧しい子供の命のオペを、資産家を無視して助け、その将来を棒に振った。
しかし、その少年は後に、大量殺人を繰り返す怪物の心を持っていたのだ・・・。
リアリティがあり、非常にクオリティの高い漫画。
連続ドラマや実写の映画にしても他と引けをとらない、完成度の高い作品です。
さらに、日本人の漫画家が描いたことを誇りに思ってしまうほど、非常にワールドワイドな作品。

トイフェル
人間は完結した個人、「成人」ではない。人間は「個」としてはほころびがあり、神から呼びかけられて応答することで己の存在を確認する。神は人によっていろんな神であるだろう。しかしそれだけではない。まず他者から、つまり自分をよく知ってくれている自分以外の人々との関係性、彼らから名前を呼びかけられ、それに応答するなかで、その人はその人である。では、誰にも知られない人間、完全に個である「成人」は存在し得るのか?この問いに関する自然主義的表現が、この作品の大きな魅力であるように思われる。 Dr.テンマやランゲ警部、エヴァ、殺し屋のロベルトなど、彼らは本当によく描かれている。彼らがどんな声で喋り、今目の前に居たらどれほどの迫力を持っているか、ありありと思い浮かべられる。彼らは人間である。それに対して、ヨハンとアンナの双子の兄妹。彼らはほとんど毎話登場し、物語の重要な鍵を握り、非常に美しい姿をしているにもかかわらず、その存在感、現実感は希薄で、もしも実在したらどんな姿かたち、声であるのか、まったく想像できない。「こんなやつらはいない」という感じがする。ヨハンだけではなく、アンナでさえそうである。彼らはどこかイデアの住人、イメージの外側にするりと逃げてしまう流体、そんな感じがするのである。そして彼らの役どころがまさにそうであるので、浦沢氏の絵は物語と見事に一致していると言わざるを得ない。 考えてみれば、僕が神に祈るとき、神の姿を思い描くことはない。祈るとき、では僕はなにを思い浮かべているのだろう?考えれば考えるほど、神は僕から逃げる。視界の限界を見ようと必死で眼球を動かしても、視界の外側を見極められないもどかしさ。ヨハンはヨハネの黙示録のヨハネでもある。黙示録は幻に満ちているが、どれも正確にイメージすることは難しい。
 開かれた物語、開かれた漫画。母による選別というラストシーンは、残酷な描写を使わずに鳥肌を立てさせる。実に後味の悪い名作である。

おもしろーい。
巻が増えていくにつれてテンマの味方が増えていく、今回は心理学者。一度はテンマを羽目ようとするが、真実に気づきテンマを助ける。テンマって鉄腕アトムの天馬博士からとったんかなーと思う今日この頃。


さらに詳しい情報はコチラ≫





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/471-12d84e39
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。