上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MASTERキートン (18)MASTERキートン (18)
勝鹿 北星 /浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 1994-08
価格:¥509(税込)
オススメ度:★★★★★




夢を掘る人
キートンの物語には連作がいくつもありましたが、この巻は全8話連作でこの物語の末尾を飾ります。盗難車捜査でルーマニアを訪れたキートンとハドソン元警部。ブカレスト郊外、そこでハドソンは乗り捨てられた車のトランクから女性の死体が入っているのをみてしまう。この女はブカレストの売春婦で、イオンとい!う男の子を養っていた。イオンは女からある手紙を託され、キートンと出会い、ブカレストから400キロ、ジェコバ村に逃避行する。キートンに「借りを返す」ため、単独でブカレストに入ったチャーリーは行方不明のキートンを捜すため、ハドソンと行動を共にすることになる__。これ以上は何も語れません。でも、巻のタイトルは「夢を掘る人」。どんなに危険でも、きっとみんな大丈夫。キートン先生にはドナウ川文明発掘の夢を実現してほしいから。それは、全読者の願いです。貴方も1巻からの長い旅をここまで続け、終わりのない終着駅にたどり着いてほしいなあ、と思います。「マスターキートン」は、大傑作です!

国民的必読書!
完全な人間なんていない、漫画には往々にしてこのルールが破られる時がある。本書の主人公タイチ・キートンは、歴史学者、軍隊の曹長、オックスフォード大卒という輝かしい経歴を持ち、優しく強い紳士として描かれているが、現実から目をそむける弱さを抱え持つ。様々な人との出会いを通じての、心温まる、時には悲しい物語の数々。最終巻では、自分の夢を諦めない強さ、現実を見据える強さが描かれている。


さらに詳しい情報はコチラ≫





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/466-70654776
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。