上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MASTERキートン (2)MASTERキートン (2)
勝鹿 北星 /浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 1989-05
価格:¥509(税込)
オススメ度:★★★★★




漫画かそうでないかを抜きに楽しめます
ストーリーを考える人と漫画を描く人が別担当なのが大きく成功していると思います。ストーリー展開やそのプロッティングは短編小説を読んでいるかのよう。漫画かそうでないかを抜きに楽しめます。日英のハーフで、考古学者にして保険調査員キートン・太一が主人公。ユーモアがあってクールなんだけどクールになりきれない主人公やその他の端役も魅力的な個性を持っていて楽しい。

狩人の季節
表紙に英語で書かれたなによりも適切な解説である、この本を紹介を最初に(あい なおこ意訳)。「父は日本人、母は英国人。
シュリーマンの夢を持つ考古学者。
シャーロックホームズの頭脳を持つ探偵。
オックスフォード大卒にしてSASの軍曹。
この謎に包まれた男の活躍を描く、第2巻である。」このレビューのタイトルである「狩人の季節」一連シリーズは、欧州の麻薬事情をからめて、「マスター(達人)」キートンと「プロフェッサー」ウルフの戦いを描く手に汗握る傑作シリーズです。「RED MOON」シリーズは探偵系の話で、謎が謎を呼び、2時間物の良質なドラマをみているようです。この巻には泣けるような話が目白押し。「FIRE & ICE」しかり、「薔薇色の人生」もしかり。
でもわたしの一押しは、巻頭の「貴婦人との旅」です。まだ東西の壁があった頃の作品ですが、老貴婦人には泣かされてしまいました。


さらに詳しい情報はコチラ≫





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/447-8f936cac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。