上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MASTERキートン (7)MASTERキートン (7)
勝鹿 北星 /浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 1999-02
価格:¥880(税込)
オススメ度:★★★★




アカデミックでプロフェッショナル
 考古学と軍隊の知識を駆使して、次々と難局や難問を打開していく、この物語の主人公、平賀=太一=キートン。精緻な画力とも相まって、実にスマートで知的な物語です。それに漫画を楽しむだけではなく、自分には縁の薄い考古学などの勉強になります。(本当に!) とにかく、手塚治虫の「ブラック・ジャック」にも匹敵する実に知的でかつ、エンターティメント性の高い物語です。浦沢直樹は「MONSTER」とか単独で描いたものいいけど、これや「パイナップル・アーミー」など原作者がいる物語はもっといい、と思うのは私だけでしょうか。ともあれ、凄い漫画です。是非皆さんに読んでもらいたいと思います。

辛口に言うと分かりにくいが面白すぎて困る
マスターキートン第七巻。  われらが考古学でオプのヒーロー、平賀キートン太一 が活躍する。なんと言ってもデビットボビットが一番。  もういやになるぐらい面白いが、ローザはちょっと・・  つべこべ言わずに買え!そして読めーーー!


さらに詳しい情報はコチラ≫





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/414-1f3e62fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。