上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MASTER KEATON/神の愛でし村
勝鹿 北星
小学館 刊
発売日 2000-04
価格:¥300(税込)
オススメ度:★★★★




ブログトップランキングに参加中です。
あなたのワンクリックをお願いします。


善人から悪人..そして善に戻る人間の苦悩描く傑作
この本の副題になっている「神の愛でし村」はマスターキートンの数ある作品の中でもベスト10に入る作品だと思う。一人の医師が国内事情により最愛の妻と子供を失う。 そして横領..詐欺等に手を染めるがとある村で医師としての自分に立ち返る、村の者は彼を聖者の再来と狂信するがそれが又しても悲劇の始まりだった...。 村人の信頼を寄せられる「聖者」そして「罪人」としての自分との挾間で葛藤する元医師の苦悩..村人の彼を信じたいとの願いが織りなす奇妙な連帯感の中で窮地に立たされるキートンと刑事。 信仰とは何か? 善人とは何か? 読むほどに深みを増すストーリーとその根底を流れる深いメッセージ。 一読を勧める一冊です。


さらに詳しい情報はコチラ≫



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/388-ccea3bdd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。