上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20世紀少年 ―本格科学冒険漫画 (19) ビッグコミックス20世紀少年 ―本格科学冒険漫画 (19) ビッグコミックス
浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 2005-06-30
価格:¥530(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




再び動き出した歯車
ついにあの人が帰ってきた!本当に嬉しい19巻。
この漫画は最初から読むことをオススメしますが、それも全ての物語がきっちり繋がっているからです。巻を進めるごとにからまった紐がほどけていき、見えてくる真実。
漫画を普段読まない人でも、ミステリーが好きなら必読です。
作品が訴えかけるメッセージを生で感じてみてください!

ケンヂはいままで何をしていたのか?
この長い長いストーリーもようやく終局にむかって動き始めたようだ。前々巻で衝撃的な再登場を遂げた本来の主人公とも言うべき男が復活後初めて自分を語る・・・。対するのは、初期の頃から“ともだち”側に居たロンゲの男(初期の巻を読み返してみると確かにこの男の名前は語られたことがない。これは当時からの伏線だったのか!?)。
あまりにも変容を遂げてしまった世界は、もう予想の範囲外であるが、ともだち暦以降閉塞感のあるこの物語がようやく動き出したことがうれしい。
まだまだ伏線もたくさん、最大の謎、「ともだち」の正体も全く予想がつかない・・・

彼が立ち上がる時がきた!
アニメキャラの中で私が好きな人5本指に入るのが「矢吹丈」。
打たれても打たれても自分の勝利を疑わない。
ケンジに今まで足りなかったものは闘志ではないでしょうか。
しかたがないからやるのではなく、「俺がやらなきゃ誰がやる」。
そんなかっこいいケンジを誰もが待っていたのではないでしょうか。
哲郎が旅を通して大人になっていくように、彼にも長い年月が必要だったんですね。
格好はまるでスナフキンのようですが。
カンナが主役になってから長すぎた感がありますが、やっと終息にむけて動き始めました。
ケンジファン必見の1冊です。

ともだち・・・
この漫画は面白いです。本当に面白いです。ただ、ここまで引き伸ばす必要があるのかどうか疑問が・・・。
ストーリーもだんだんマンネリ化というか、どっかで見た話がチラホラで・・・。(例えば、ケンヂが途中出てこなくなるのはAKIRAみたいだし、何巻かでは羅生門をそのまんまなぞったような話もあったりして)
全15、6巻位でもうちょっとコンパクトにまとめることもできたのでは・・・?と思うわけです。
主要な登場人物もかなり多いから、ちょっと間を空けて続きを読むと混乱しがち・・・。
まあ、何はともあれ面白いことに変わりはない。この漫画は設定が複雑なので、コミックスが全巻そろってから一気読みする方いいと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/330-9cffe096
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。