上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20世紀少年―本格科学冒険漫画 (2)20世紀少年―本格科学冒険漫画 (2)
浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 2000-05
価格:¥530(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




ブログトップランキングに参加中。
今日はどのくらい上がったかな?

ポチッと応援よろしくッス!

ユキジの登場
本作の特徴のひとつに、主人公たちがすごした60年代後半から70年代の子ども時代が鮮やかに再現されていることだろう。その扱いが絶妙。
本巻はいよいよ「ともだち」を中心とした団体の暗躍がケンジの前にあらわれてくる。だんだんと登場人物もそろい、この巻ではヒロイン「ユキジ」が登場。また行方不明になっているケンヂの姉の思い出も描かれる・・・。またまた敷かれた伏線・・・。

ついに正体をあらわし始めた「ともだち」
 いま2巻目を読み終えました。少年時代の女友達ユキジの活躍によって、次第に「ともだち」の正体が現れてきます。と同時にホームレスの預言者の登場により、ドンキーの死の真実、そしてケンジの役割もおぼろげながら判明してきます。何というすばらしい話運びでしょう。彼はこの世界の終末を防ぐことができるのでしょうか。コミックと知りつつケンジにエールを送りたくなる2巻目です。中年男性、がんばれ!

おもしろそう!
まだ、一、二巻しか買って読んでないが、もう期待大です。今後の展開に。謎が謎を呼ぶ。そして個人的には憧れのある60年代のことが少しでていて楽しめた。とにかく続きがすぐに読みたくなった!

ともだち
“ともだち”の全貌が見えつつあるのか?それとも謎が深まりつつあるのか?
今までにない、とても読み応えのあるコミック。
浦沢直樹の世界に引きずり込まれます。


さらに詳しい情報はコチラ≫



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/327-f57798ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。