上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハイウェイスターハイウェイスター
大友 克洋
双葉社 刊
発売日 1979-10
価格:¥700(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




空気を描く
大友克洋は、空気の描き方が優れている。
絵の上手さ、パースペクティブの正確さはもとより、
登場人物どうしの距離感、感情の起伏の振幅など、
その感覚…というか間隔が、きわめて印象的な空気感を演出しているのだ。大友作品の結末で最も多く描かれているのが、「別れ」である。
感情的に、物理的に、人物と人物の距離が無限に開いていく。
その距離と速度、互いの関係の断絶は、読者の感情を強く揺さぶる。たとえば「スカッとスッキリ」のラストシーンの、
主人公と扇風機のスイッチの距離のどうしようもなさは、
さながらミケランジェロの「アダムの創造」のようでさえある。大友克洋が選んだ「距離」を味わいながら読んでみたい一冊だ。

ニューシネマを思わせるマンガ
出てきた時の大友の特質が良く出ており、'70年代の気分が感じられ、「ショートピース」と共に大傑作「童夢」に至る大友の原点と言える傑作短編集。退屈な日常に、限定された人間たちの個人的な事件が起きたり、起きなかったり。妙にリアルで白い画で描かれた汗、子供の体型、奥さんの身体など、現実のカッコ悪さ、情けなさ、むさくるしさと共に、その時の気分が感じられる。しかしそれぞれの読後感は、ただ暑さを感じたり、閉塞感あるいは爽快感を感じたりと、様々。また、「星霜」「さよならのおみやげ」など語るストーリーを持つ老人が主人公のものは、素晴らしい短編小説を読んだ後の満足感が残る。個人的には表題作の「ハイウェイスター」が好きですが、どの話もおもしろく、特に老人が素晴らしい。他の誰でもない大友の傑作揃いです。読めるうちに読むべし。

大友克洋の原点
 大友克洋初期の傑作を集めた作品集。
SFばかり描いてると思われがちですが、日常の1コマを
描かせてもとても巧い。「家族」「スカッとさわやか
酒井さんちのゆきえちゃん」など、どうでもいい日常が
マンガのネタになる。すごいマンガ家です。
 この頃から、白いところが多くて、主人公がダレでもなく神のような視点で描かれています。これぞ大友の原点!

1980年頃コミックに登場した<日本人>の顔
アキラ」があまりにもメジャーになってしまったので、今ではひょっとして忘れられがちのことなのかもしれない。語り尽くされているとは思うが。大友克洋の凄いところは、「バブル」を予感させるこの時期(1979)に、こんな風に<日本人>の顔を描いてしまったということだ。


大友さんはSFだけじゃないっすよ。なんでもかけるんです。ほんのりなみだっていうのもあります。こまかい感情の描写とういかなんというか。いつもいってますけど、必見。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/5/7に作成しました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/271-328a786d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。