上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沙流羅―The legend of mother (1)沙流羅―The legend of mother (1)
大友 克洋 /ながやす 巧
講談社 刊
発売日 2004-02-06
価格:¥683(税込)
発送可能時期:通常2~3日以内に発送
オススメ度:★★★





いまいち感情移入できない
 『アキラ』で大友克洋は手持ちの札を全て出しつくしてしまったのではないか、また『アキラ』体験をした後では、もうこれ以上の作品は望めないであろうと思い、本作『沙流羅』がKCデラックス版で出版されたときは購入せず、読まずにいた。この度ヤンマガKCとして、値段も安く購入しやすくなって出版されたのを期に、入手して読んでみた。 大友克洋がストーリーを、ながやす巧がアートを手がけているが、ながやす巧の絵は、大友克洋に近い、リアルな細部までこだわった描写をしているが、私はやはり大友克洋自身がアートも手がけてもらいたかった。どうしても大友克洋にしか出せない微妙な描写というものがある。ストーリーの方だが、子供と生き別れた母親が戦士となり、街から街へと旅するというものだが、母性愛溢れる女性読者はどのように感じるかはわからないが、少なくとも私はいまいち、いやほとんど感情移入できず、作品世界にも入っていけなかった。


さらに詳しい情報はコチラ≫


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/250-f42fc416
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。