上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沙流羅 1 (1)沙流羅 1 (1)
大友 克洋 /ながやす 巧
講談社 刊
発売日 1990-10
価格:¥918(税込)
オススメ度:★★★★★





生きる
核戦争で汚染された地球。スペース・コロニーに移住した生き残った人類。もう一度地球を居住可能にするには・・・。内乱、そして崩壊で始まる。
主人公サーラ混乱に巻き込まれ離れ離れになった子供たちの手がかりを求め砂漠と化した地球に立つ。映画マッド・マックスの女性版といった感じの作品だね。生き抜く女性は強いと言うか子供を思う母親はやっぱり強いのだ。愚かな行為により地球にも生命にも打撃を与えても、人類いる限りそれは繰り返す。懸命に生き、巻き込まれた登場人物達はサーラと共に戦い、彼女に「母」をダブらせる。泣いてしまうぐらい迫力と感動がある。大友克洋の原作にながやす巧の絵には説得力十分。まあ、二人の巨匠が手を組めば当たり前か。



さらに詳しい情報はコチラ≫


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macks.blog5.fc2.com/tb.php/222-8976ad7e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。