上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江戸むらさき特急 2 (2) (ビッグコミックススペシャル)江戸むらさき特急 2 (2) (ビッグコミックススペシャル)
ほりのぶゆき
小学館 刊
発売日 1994-04
価格:¥999(税込)
オススメ度:★★★★★


時代劇マニア必読の笑殺本
 後の方になればなるほどマニアック過ぎるネタが出てくる「江戸むらさき特急」。
知らなくても面白いけど、知ってると猛烈に笑える時代劇パロディ第二巻です。
昼下がり、ぼーっと時代劇の再放送を眺めてしまう方、時代劇チャンネルを契約してる方などには最適な一冊。
自信を持っておすすめします。
 江戸の黒ひょう暴れん坊すぎる将軍さま、平賀源内えれきてる破れ傘刀舟…。皆濃くて最高です。
さらに詳しい情報はコチラ≫
スポンサーサイト
江戸むらさき特急 1 (1)江戸むらさき特急 1 (1)
ほりのぶゆき
小学館 刊
発売日 1993-08
価格:¥999(税込)
オススメ度:★★★★★


■ノリと勢いだけで突っ走るお笑い江戸絵巻 鳥獣戯画のような筆ペンタッチで江戸時代の社会風俗をコミカルに描かせたら右に出るものは無く左に出る人もいないであろうほりのぶゆき氏による、お笑い時代劇パロディー四コマ漫画
江戸時代の文化や社会事象、事件などをテーマに、独自のお笑い要素を盛り込んで着色し、ほりのぶゆき氏のエッセンスを混ぜて完成した、希代の名(迷)作。


誉め言葉としての「お莫迦ここに極まれり」というキャッチコピーをつけたくなるような、そんなシリーズ。
表紙が真面目な時代劇風の写真なだけに、中身とのギャップが激しすぎて、またそれが何ともいえない当作らしさを表現している。

タイトルからして「なんで食品の江戸むらさきって名前に特急がついてるのよ」とツッコミを入れたくなることからも分かるように、笑いのツボをつかれまくりな作品の数々には、何も考えずに読み解くだけで腹痛必至の効用があるというすぐれもの。
おまけにそれぞれの漫画の元ネタになった「真面目な時代劇」(水戸黄門桃太郎侍など)、や当時の歴史そのものを再チェックしてみたくなる。

頭を空っぽにして笑いたい時にオススメしたい。

さらに詳しい情報はコチラ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。