上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飛びすぎる教室飛びすぎる教室
清水義範/西原理恵子(著)
講談社刊
発売日 2006-12-15
価格:¥560(税込)
オススメ度:★★★★



先生の雑談
本文中とあとがきに記載されているように、学校の先生が教科書から離れて、自分の趣味や旅行などについて語ってくれる雑談、そんな内容の「ためになる話」でした。
個人的には「天使」と「聖書」の話を面白く感じました。
欧米の映画では、我々の気がつかないところに天使や聖書の話が盛り込まれていて、欧米人なら「あれは天使だ」「これは聖書の中の話だ」とわかるそうです。
「○○という映画のこのシーンは実は・・」と語られており、いまいちよくわからなかった映画もそういった意味があったのだと今更ながら理解した次第。
いろいろな雑学を解説するけっこう面白いシリーズだったけれど、今回でお終いだそうで、手軽に読める本だったので、少し残念な気がします。


さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。