上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本はじっこ自滅旅日本はじっこ自滅旅
鴨志田 穣
講談社 刊
発売日 2005-03-24
価格:¥1,575(税込)
オススメ度:★★★★



カモちゃん・・・。
結婚時からまったく変わってない、ダメ人間っぷりがむしろちょっと気持ちいいです。
ダメ人間なもんで、見てるとちょっと痛い部分もありますが、それでもやっぱりおもしろいです。

裏旅行記みたい
鴨志田穣の元妻(西原理恵子)から著者の事を知り、なんとなく買った本でした。
私自身もよく旅をします。この本と行く場所が重なる部分が多く興味をそそられながら読みました。私の旅はユースホステルで、民宿+飲み屋は有り得ない組み合わせだったのでその点とてもおもしろかったです。
まるで裏旅行記みたいでした。
特にタクシーの運ちゃんとの会話や自問自答がとても新鮮でした。
単なる旅行記として読んでもおもしろいと思いますし、年取った自分探しの旅に憧れている人は一読すべしです。
読みながらネットでその地図して読むといっそうおもしろいと思います。では、著者に幸福を!

ファンの方・ファンでない方にもおすすめします
今までの作者の本を期待される方は、裏切られることはないおもしろさです。
鴨志田穣の現在の体験(ずっと読者であった方はおわかりだと思いますが、離婚闘病等)が、作品に品格すら備わせたように思います。
初めての方も、日本各地の辺境(はじっこ)をさまよいながら、世界を感じ、生死を考え、家族や愛した元奥さんの西原理恵子の姿を偲ぶ作者へ、エールを送りたくなると思います。

どうして、、、
何故、鴨志田穣さんは自分を辛い方へ辛い方へ向かわせるのか、読んでは泣き、泣いては読みの日でした。
離婚後の彼の破滅的とも言える破天荒な生き方。
一度、皆さん読んでみて下さい。
特に男性の方に読んで欲しい作品です。


さらに詳しい情報はコチラ≫


スポンサーサイト
iコミックiコミック
西原理恵子/鴨志田穣/篠有紀子/小沢真理/岩館真理子/くぼた尚子/碧也ぴんく/木村晃子/黒田かすみ/一色京子/立野真琴/魔夜峰央/CHI-RAN/安西水丸/喜多嶋隆/麻生圭子/三田誠宏/松村宏/謎美女モヘジ
寿郎社刊
発売日 2002-04
価格:¥630(税込)
オススメ度:★★★★★



すっごいレアな本。
 魔夜峰央さん(パタリロで有名)が好きで、調べてみたらこの本に出会い、早速購入しました。すると、いろんな方の漫画や小説が沢山あり、しかもそれがすべてiモードに関する内容だったのが楽しかった。
 篠有紀子さんから小沢真理さん、岩館真理子さん、そしてくぼた尚子さんにリレーでつながる漫画も、普段表に出ない漫画の生活の一部が見えた。碧也ぴんくさんの漫画も『出会い』がテーマになっているのに出会い系サイト以外のサイトを使っているところが面白かった。
 木村晃子さんの漫画もカワイイ恋愛をiモードを通して描いている。黒田かすみさんも観光旅行をiモードを使って快適に。と言う感じで、あっという間に読んでしまった。一色京子さんはちょっとサスペンス風で、立野真琴さんは待ち合わせをテーマに描いていて、魔夜峰央さんはあの画風でiモードについて漫画を描いている所がとても貴重に思えます。CHI-RANさんは最近の女の子って言う感じの漫画でかわいかったです。
 小説も鴨志田穣西原理恵子さんの黄金コンビ安西水丸さんに、三田誠広さん、麻生圭子さん、喜多嶋隆さんがそれぞれiモードをテーマに小説やエッセイを書いていて、本当に面白かった。本当に滅多にない本だと思います。
さらに詳しい情報はコチラ≫


鴨ちゃん遺稿?(JavaScriptをOFFにすることお勧め)
http://homepage2.nifty.com/jyurousya/main_Folder/column_Folder/kamo_Forder/kamo13.html


鴨ちゃん闘病記
http://www.ozmall.co.jp/entertainment/kamo2/vol14/



今年の正月の鴨ちゃん

ライターやカメラマンとしての評価は低く、繊細で弱くて、どうしようもない人。でもとても悲しい。



ありがとうございます。nagata様よりのコメントです。
そのまま引用させていただきます。
本当に残念です。
『ライターやカメラマンとしての評価は低く、』やはり一般の人には受けなかったのだとは思いますが、このブログを見てくれている人の大部分の人の評価は低くは無かったと思います。
文章がヘタだとか西原理恵子のダンナという部分がかなり色濃く強調されていますが、鴨志田穣が行ってきたライターとしての行動や残された文章には人の心を強く打つなにかがあると思います。
本当に遅くなりましたが、これから鴨志田穣氏の作品を細々と紹介していきたいと思います。

最後に引用文の頭のURLにはJavaScriptで寿郎社のトップページに飛ばされるように設定されているので、JavaScriptをOFFにしてクリックしてください。
JavaScriptのOFFの仕方ですが、InternetExplorerであれば、簡単な設定方法としては「ツール」->「セキュリティ」->「このゾーンのセキュリティレベルのレベル(L)」を「高」に設定すればとりあえず見れるようになります。(あとで戻すのをわすれないようにね!)
「鴨志田穣」小説 旅のつづき<第十三回>邂逅 (1) (2007年3月13日更新)を確認するべし!!

重ね重ね、nagata様コメントありがとうございます。

『今年の正月の鴨ちゃん』YouTube動画ちょっと画質がいいバージョンに変更しました。
酔いがさめたら、うちに帰ろう。酔いがさめたら、うちに帰ろう。
鴨志田穣
スターツ出版 刊
発売日 2006-11
価格:¥1,365(税込)
オススメ度:★★★★




内容(「BOOK」データベースより)
酒はやめられるのか!?
その時、家族がとった行動は!?
そして、待っていた意外な結末。。。
強制入院したアルコール病棟で起こる珍奇な騒動。
別れた元妻(西原理恵子)と子どもたちとの優しい時間。
情けなくも笑えて切ない脱アル中私小説。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
鴨志田穣
1964年、神奈川県に生まれ、北海道で育つ。
高校卒業後、アルバイト生活を経てタイに渡り、戦場カメラマンとなる。
1996年、アマゾンで漫画家・西原理恵子氏と出会い結婚。
一男一女をもうけるも、2003年、離婚

引き込まれました
アル中文学の白眉である「今夜、すべてのバーで」ファンであるとともに、西原理恵子まんがのファンでもある私には、待ちに待った本書です。
鴨志田穣の実体験に基づく語りに引き込まれ、一気に読みきりました。
「小説」としては、「今夜、すべてのバーで」の方に軍配を上げてしまいますが、面白い読み物であることには、疑問の余地がありません。

リアル!
 今まで「鴨ちゃん」(鴨志田穣)=「サイバラ(西原理恵子)ダンナ」という形での(不肖ミヤジマとはまったく異なる)戦場カメラマンもの、旅行ものしか読んだことありませんでしたが、この著書は鴨志田穣を前面に押し出したリアリティあふれる闘病記?です。
しかしまあリアルな現実をここまで第三者的に忠実にかけるものだと感心しました。
文章自体がうまいかヘタかは別にして。
結局のところ家族があり愛があり、、、捨てられることなく鴨志田穣ちゃんは幸せですね。

純粋にいい本
 全体に笑のベールに包まれていながら、その実 描かれているのは家族愛。
そう感じました。 印象的なシーンがいくつもあります。
心に残るいい本です。多くの人に読んでもらいたい。

大事にしたい1冊です
 自分もアルコール依存で断酒しているので手にしましたが、アル中の本なんて一度読んだらすぐに中古で売っちゃうつもりで買いました。
ところがこの本はずっと書棚に残しておきたいと思う、素晴らしい本でした。
 文章の上手い下手は関係ありません。心にしみるいい文章です。
 この本は多くのアルコール依存症の者や、その家族を救うことができると思います。
作者がこの本を残してくれた意味は大きいと思います。
作者のアルコール人生は決して社会にとっても無駄ではなかったと思います。
作者にはぜひ続編を書いてもらいたいと思います。
 沢田教一ラリー・バローズの写真と同じくらい、いい仕事を残されたと思いますよ。
戦争はベトナムやカンボジアなどだけではなく、人の心の中にあるのですね。
心の戦場ルポともいえる本です。悲しいが、でも希望が見えるいい本です。だから書棚においておきたい。
多くの図書館に置いてほしい、そんな本です。

重いけれど、読みごたえ十分
 待ちに待った新刊。
さわりの部分を、OZmallのサイトで、毎週連載していた。
次の回が待ち遠しいくらい、「読ませる」内容だった。
だから、本が届いてすぐに開封して、一気に読んだ。
 ここまで書けるほど、彼を駆り立てたものは何か。
それを考えれば考えるほど、想像したくない答えが浮かぶ。
 本としては、鴨志田穣自身、まだまだ書き足りないような印象が残る。
この一冊に納めるために、おそらくは、原稿を大幅に削ったのではないだろうか。
 何かを問いかけるわけでもなく、問題提起をするわけでもない。
しかし、文章の訴える力というものを、余すところなく示している。
己の血をインクにして、書いた文章の重みなのだろうか。
ゆえに、フィクションです、という最後の断り書きが重い。
これはフィクションなのか?限りなくフィクションに近い真実なのか。
それとも。。。
 多くの西原理恵子ファンは、どんなふうにこの本を受けとめるだろうか。
いや、そんなことはどうでもいいかもしれない。
きっかけは西原理恵子氏であっても、この本は、鴨志田穣という一人の人間の生き様が書いてある。
のたうちまわって、苦しんで、彼のたどりついた世界がありのまま書かれている。
この境地に至ったのはなぜなのか。
知りたいと思うのは野暮かもしれない。
わたしたちは、作品を通して著者を知るのだから。
知りたければ、作品を読むしかない。

お家に帰れてよかったですね
 ご存知、かもちゃん(鴨志田穣こと西原理恵子の元夫)が酒で血を吐いて、精神病院の閉鎖病棟で過ごし、そして帰宅するということについての私小説です。
この小説はフィクションですとありますが、嘘はついてもほらはふけないかもちゃんのこと、多分大体は起こったことなのだろうなと思いながら読み進めました。
 正直な所、この著者(鴨志田穣)のことがずっと好きではありませんでした。
文章はほんとうに下手だし、男の甘え全開の態度といい、体験を文章に昇華できていない感じがもどかしかったのです。
本書では文体は相変わらずなのですが(木を倒しても切り株はひっくり返りませんよとかの過ちも多数)、過不足無く全てがあらわされているように思いました。
そのことに祝意を持ちました。
ただただ,心身をお大事に過ごされてください。
帯のリリーフランキーさんの言葉通り,貴方はなんだかんだ言っても幸せな男です。
さらに詳しい情報はコチラ≫

鴨志田穣氏死去(フリーライター、カメラマン)
3月20日18時1分配信 時事通信

 鴨志田穣氏(かもしだ・ゆたか=フリーライター、カメラマン)20日午前5時、腎臓がんのため東京都江東区の病院で死去、42歳。川崎市出身。葬儀は近親者のみで行い、後日お別れの会を開く。喪主は元妻で漫画家の西原理恵子さいばら・りえこ)さん。
 アジアを題材にしたエッセーが人気を集めた。西原理恵子さんとの共著に「アジアパー伝」などがある。
<訃報>鴨志田穣さん42歳=フリーカメラマン、ライター
3月20日22時23分配信 毎日新聞

 鴨志田穣さん42歳(かもしだ・ゆたか=フリーカメラマン、ライター)20日、腎臓がんのため死去。後日「お別れの会」を開く。自宅は非公表。喪主は元妻で漫画家の西原理恵子(さいばら・りえこ)さん。
 戦場カメラマンとして内戦時のカンボジアなど世界各地を取材。西原理恵子さんとの共著に「アジアパー伝」など。06年、アルコール依存症の克服記「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」を出版し、2度目の婚姻届は出さず西原理恵子さんと復縁していた。

まさかここまで悪いとは思っていませんでした。

合掌。
2007年03月20日17時49分
 鴨志田穣さん(かもしだ・ゆたか=カメラマン・エッセイスト)が20日、腎臓がんで死去、42歳。葬儀は近親者のみとし、後日「お別れの会」を開く。喪主は元妻で漫画家の西原理恵子さん。

 高校卒業後、タイに渡り内戦のカンボジアなどでカメラマンとして活動。著書に西原理恵子さんとの共著「アジアパー伝」、アルコール依存症を克服した体験をもとにした私小説「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」など。

asahi.comより
たのしい中央線たのしい中央線
西原理恵子/ゲッツ板谷/銀杏BOYZ/高田渡/リリー・フランキー/角田光代/みうらじゅん
太田出版刊
発売日 2005-04-09
価格:¥1,000(税込)
オススメ度:★★★



中央線カルチャー
これを買う人は、大きく分けると、中央線沿線(もしくは近郊)に住んでる人か、憧れを抱いている人向けの漫画なんでしょうか。
私の場合中央線は微妙な距離なんですが、引っ越すならこの辺かな、と思っていたのでこの漫画買いました。この漫画読んだらやっぱり楽しそう。
「2」も出るみたいですね。よりディープな内容になっているのか。楽しみです。

勝手にノスタルジイに
中央線沿線に住むものとして。
漫画仕立てとはいえもっとちゃんと作ればいいのでは?
出てくる人みんな「昔住んでた」(ゲッツ板谷位だまともに住んでるのは)。
で必然的に中央線=ノスタルジア=昭和ブームみたいな感じになってる。最後のほうの「沿線ウォーク」とかはまだしも。
この手の漫画は編集者の力量ですべてが決まるといっていい。ネタがキャッチで、思い入れがあるから思わず買ってしまった。

立川さんバンザイ
西原理恵子ねーさんとゲッツ板谷の「立川を行く」が最高です。
深い漫画です。
立川。立川って遠いよね。面白いのでぜひ読んで。笑えます。どうせなら半分ぐらいはこの企画でやってほしかった。立川に行きたい。観光で。

高田渡―最後の“肉声”
版元も著者も、そして読者も、まさかこんなタイミングで高田渡が亡くなるとは予想していなかったに違いない。
この本に収録されたインタビュー「タカダワタル的吉祥寺」は、高田渡の最後の“肉声”として、永遠に語り継がれることになるはずである。
本の体裁は軽めのムックのように見えて、奇しくも発行と同時に古典となった。
高田渡の発言に腹を抱えて笑うのが、なによりの供養になるだろう。合掌。

さらに詳しい情報はコチラ≫

西原理恵子さん:漫画家の卵と画力対決

 毎日新聞に好評連載中の「毎日かあさん」でおなじみの漫画西原理恵子さんが4日、熊本市であった地域活性化イベント「みんなで創ろう!まち・地域の未来in熊本」(独立行政法人・中小企業基盤整備機構主催、毎日新聞社共催)に登場、漫画の卵たちとの「画力対決」などで会場を沸かせた。

 漫画のように割ぽう着姿で現れた西原理恵子さんは「高知出身なので小さいころ、旅行といえば九州。昨日は早速、熊本ラーメンを食べました」とリラックスした様子。画力対決では、九州デザイナー学院(福岡市)マンガ学科の学生ら6人を相手に、熊本出身のタレント・故ばってん荒川さんなどを独特のタッチで描いて見せた。

 会場のファンから西原理恵子さんの描いたばってん荒川さんが「毎日かあさんそっくり」と指摘されると「(毎日かあさんは)実はばってん荒川さんと『いじわるばあさん』を交ぜてつくりました」とネタバラシ。

 海外の貧困地域などでの取材も多い西原理恵子さんは「若者は1万円だけ持って世界を旅して、自分の責任とお金の価値を感じて」「今度はネパール、ブータンなど高度4000メートルで取材したい」などと語った。

「似てますか」。専門学校生との「画力対決」でタレントの故ばってん荒川さんらを描いた西原理恵子さんでした。=熊本市上通町のホテル日航熊本で2007年3月4日

確かにお金の価値観って人によってマチマチだと思うよね。
西原理恵子さんが言ってる1万円にしたって、多分少ないと思う人が圧倒的に多いと思うけど、アジア地域等ではかなりの大金と感じる国もあるはず。。。
西原理恵子さんさすがに着眼点が鋭いですね。
西原理恵子さんの大きさに改めて驚いた!
麻雀で食え!!おかわり―おかず一パイ!ごハンでマンガン!!麻雀で食え!!おかわり―おかず一パイ!ごハンでマンガン!!
西原理恵子/山崎一夫
竹書房刊
発売日 2005-05
価格:¥1,000(税込)



「麻雀で食え!!おかわり」の内容紹介
棒テン即リー全ツッパ!」期待値打法の草分け銀玉親方が贈る麻雀カッパギ新セオリーの数々!!
山ちゃん麻雀必勝かっぱれエッセイ!!
実物の麻雀だけでなく、オンライン麻雀独特の勝ち方についても説明。切りとり式アンチョコ付き。

山崎一夫 略歴
1951年高知県生まれ。
高校卒業後に就職するが半年であえなく退職。
大阪万博にのん気に寄りつつ上京し、とりあえず駒沢大学へ入学する。
卒業後、在学中に励んだ雀ゴロの特技を活かし、ギャンブル記事を書き始める。
一方、20代後半には弁当屋2軒と雀荘1軒も開店。が、30代後半にパチンコにハマって、店は全倒産。
銀玉親方」としてパチンコライターへ転進。
近代麻雀オリジナル」(竹書房)の記事「さくさくサークル」連載で、同じ高知県出身の西原理恵子と運命的な出会いを果たすのはこの頃。
棒テン・即リー・全ツッパ」の期待値打法を標榜し、「第10回麻雀最強戦・著名人大会」で優勝という人生初の快挙を達成。
45歳のとき、高田馬場への雀荘「たぬ」開店を契機に、勝てなくなったパチンコから撤退。
店を新宿、水道橋へと次々に拡張し、圧倒大苦戦中

西原理恵子 略歴
1964年、高知県生まれ。
土佐女子高等学校を中退後、上京して武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科に入学する。
大学在学中に「えろ本のカット」などイラスト描きを始め、88年に『ちくろ幼稚園』(小学館)で漫画家デビュー。
この頃、同じ高知県出身の山崎一夫と衝撃的な出会いを果たし、『まあじゃんほうろうき』(竹書房)が大ヒットする。
以後、『恨ミシュラン』(神足裕司共著・朝日新聞社)や、『鳥頭紀行』(スターツ出版)で次々にヒットを飛ばし、97年には『ぼくんち』(小学館)で文芸春秋漫画賞を受賞。
同年にフリーライター鴨志田穣氏と結婚し、1男1女をもうける。
2005年に入ってからも、子育て奮闘マンガ「毎日かあさん」(毎日新聞社)で文化庁メディア芸術祭・マンガ部門優秀賞を受賞したり、NHK朝のテレビ小説「ファイト」でイラストを描くなど、大好きな麻雀もなかなかできないほど多忙な日々。
この略歴にはフリーライター鴨志田穣氏との離婚問題に関しては書きません。

麻雀で食え!!おかわり目次
まえがき  「麻雀で食え!!おかわり」をごちそうになる方へ
セオリー1 麻雀は期待値だけじゃない
せおりー2 赤牌の利用方法
セオリー3 メンゼン攻撃で攻めまくり
セオリー4 親方流・オカルトシステム
セオリー5 追悼・亜空間殺法
コラム 1 ネット麻雀で食え!!しょの1
手 順 1 棒テンは2トイツ残しで
手 順 2 何でも棒テン・即リー・全ツッパじゃない
手 順 3 「セット落とし」でゲームセット
手 順 4 トイツ落としは出世のタネ
コラム 2 ネット麻雀で食え!!しょの2
構 想 1 東1局の構想・オーラスの構想
構 想 2 逆転の点差表を丸暗記しよう
コラム 3 ネット麻雀で食え!!しょの3
守 備 1 捨て牌は読めない読まない
守 備 2 何点リードで守備態勢に回るのか
あとがき  「麻雀で食え!!」から「麻雀で遊べ!!」へ?
巻末アンチョコ 銀玉親方の小言 麻雀必勝15セオリー

途中途中で入っている西原理恵子の一コマ漫画がいい味出してます。
裏表紙の『おかわりはいらんかあ!?』が最高!!

さらに詳しい情報はコチラ≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。