上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MASTERキートン (9)MASTERキートン (9)
勝鹿 北星 /浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 1999-03
価格:¥880(税込)
オススメ度:★★★★




漫画かそうでないかを抜きに楽しめます
ストーリーを考える人と漫画を描く人が別担当なのが大きく成功していると思います。ストーリー展開やそのプロッティングは短編小説を読んでいるかのよう。漫画かそうでないかを抜きに楽しめます。日英のハーフで、考古学者にして保険調査員キートン・太一が主人公。ユーモアがあってクールなんだけどクールになりきれない主人公やその他の端役も魅力的な個性を持っていて楽しい。

キートンは本物の鷹
「能ある鷹は爪を隠す」。この言葉がピッタリの、主人公平賀=キートン=太一。考古学者でありながら、さえない保険調査員。でも実はSASのマスターレベルの実力者で、あらゆる事件を素晴らしい知識と手さばきで解決してしまう。読みながらワクワク・ドキドキの連続でした。私自身、考古学も好きなので、考古学の知識も入っていたこの作品は本当に面白いです。何回読んでも、新鮮さを得られる作品だと思います。

最後に大技
 遅れてやってきたキートン・ファンです。この最後の巻を読みとおして、素直に「素晴らしい」と思いました。 通常、長く続いた連載は、最後にアイデア不足に陥って寂しくなるのが多いと思います。 しかしこのマスター・キートンは、最後の最後に大きなテーマを持ってきて私をうならせてくれました。まさにケレン味たっぷりの豪快な大技です。そして終末はやっぱりキートンらしい終わり方。最後の少年の呼びかけは意味が深いですね。きっと彼は幸せになったのでしょう。 久しぶりに幸せな気分になりました。ありがとうございます。


さらに詳しい情報はコチラ≫





スポンサーサイト
MASTERキートン (8)MASTERキートン (8)
勝鹿 北星 /浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 1999-02
価格:¥880(税込)
オススメ度:★★★★




漫画かそうでないかを抜きに楽しめます
ストーリーを考える人と漫画を描く人が別担当なのが大きく成功していると思います。ストーリー展開やそのプロッティングは短編小説を読んでいるかのよう。漫画かそうでないかを抜きに楽しめます。日英のハーフで、考古学者にして保険調査員キートン・太一が主人公。ユーモアがあってクールなんだけどクールになりきれない主人公やその他の端役も魅力的な個性を持っていて楽しい。

心温まる話から背筋がゾクゾクする話まで 2004-07-07
『マスターキートン』の愛蔵版8巻。
「不死身の男」~「失われた天才監督」まで18話収録されています。ロシアの剛胆なじいさんとキートンの雪中逃亡劇 「不死身の男」
日本にも捕虜収容所があったという衝撃 「真実の町」
1人の男を神聖視する英国の小さな村の狂気 「神の愛でし村」「聖者のいる村」
日本人商社マンの悲劇 「メイド・イン・ジャパン」など印象深いエピソードがたっぷり収められています。この作品の素晴らしいところは、複雑な事件はもちろん、日常のささやかな出来事まで、手を抜かずにきちんと描いていることです。
日常のホッとするエピソードの方が、ずっと心に残っていたりもします(笑)何度読んでも、どこから読んでも楽しめる良質な作品です!


さらに詳しい情報はコチラ≫





MASTERキートン (7)MASTERキートン (7)
勝鹿 北星 /浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 1999-02
価格:¥880(税込)
オススメ度:★★★★




アカデミックでプロフェッショナル
 考古学と軍隊の知識を駆使して、次々と難局や難問を打開していく、この物語の主人公、平賀=太一=キートン。精緻な画力とも相まって、実にスマートで知的な物語です。それに漫画を楽しむだけではなく、自分には縁の薄い考古学などの勉強になります。(本当に!) とにかく、手塚治虫の「ブラック・ジャック」にも匹敵する実に知的でかつ、エンターティメント性の高い物語です。浦沢直樹は「MONSTER」とか単独で描いたものいいけど、これや「パイナップル・アーミー」など原作者がいる物語はもっといい、と思うのは私だけでしょうか。ともあれ、凄い漫画です。是非皆さんに読んでもらいたいと思います。

辛口に言うと分かりにくいが面白すぎて困る
マスターキートン第七巻。  われらが考古学でオプのヒーロー、平賀キートン太一 が活躍する。なんと言ってもデビットボビットが一番。  もういやになるぐらい面白いが、ローザはちょっと・・  つべこべ言わずに買え!そして読めーーー!


さらに詳しい情報はコチラ≫





MASTERキートン (6)MASTERキートン (6)
勝鹿 北星 /浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 1999-01
価格:¥880(税込)
オススメ度:★★★★★




漫画かそうでないかを抜きに楽しめます
ストーリーを考える人と漫画を描く人が別担当なのが大きく成功していると思います。ストーリー展開やそのプロッティングは短編小説を読んでいるかのよう。漫画かそうでないかを抜きに楽しめます。日英のハーフで、考古学者にして保険調査員キートン・太一が主人公。ユーモアがあってクールなんだけどクールになりきれない主人公やその他の端役も魅力的な個性を持っていて楽しい。

共感できるマンガ
考古学者を目指しつつも生活の為に保険の調査員(探偵)をやっている主人公の活躍振りを描く作品。単なるヒーローとしてだけでなく、その人間味のある姿に共感する。主に東西冷戦が集結した後のヨーロッパを舞台にする話しが多く、日本人とイギリス人のハーフでオックスフォード出の主人公という設定もうまい


さらに詳しい情報はコチラ≫





MASTERキートン (5)MASTERキートン (5)
勝鹿 北星 /浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 1999-01
価格:¥880(税込)
オススメ度:★★★★★




漫画かそうでないかを抜きに楽しめます
ストーリーを考える人と漫画を描く人が別担当なのが大きく成功していると思います。ストーリー展開やそのプロッティングは短編小説を読んでいるかのよう。漫画かそうでないかを抜きに楽しめます。日英のハーフで、考古学者にして保険調査員キートン・太一が主人公。ユーモアがあってクールなんだけどクールになりきれない主人公やその他の端役も魅力的な個性を持っていて楽しい。

共感できるマンガ
考古学者を目指しつつも生活の為に保険の調査員(探偵)をやっている主人公の活躍振りを描く作品。単なるヒーローとしてだけでなく、その人間味のある姿に共感する。主に東西冷戦が集結した後のヨーロッパを舞台にする話しが多く、日本人とイギリス人のハーフでオックスフォード出の主人公という設定もうまい。


さらに詳しい情報はコチラ≫





MASTERキートン (4)MASTERキートン (4)
勝鹿 北星 /浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 1998-12
価格:¥880(税込)
オススメ度:★★★★★




漫画かそうでないかを抜きに楽しめます
ストーリーを考える人と漫画を描く人が別担当なのが大きく成功していると思います。ストーリー展開やそのプロッティングは短編小説を読んでいるかのよう。漫画かそうでないかを抜きに楽しめます。日英のハーフで、考古学者にして保険調査員キートン・太一が主人公。ユーモアがあってクールなんだけどクールになりきれない主人公やその他の端役も魅力的な個性を持っていて楽しい。

おもろい
やっぱこれ!!!!


さらに詳しい情報はコチラ≫





MASTERキートン (3)MASTERキートン (3)
勝鹿 北星 /浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 1998-12
価格:¥880(税込)
オススメ度:★★★★★




これほどまでに深い漫画はめずらしい
保険会社のオプとして働くキートン太一が、関わる様々な事件やいろいろな人たちを描いた有名な漫画。
 東西冷戦時代という設定がしっかりしており、読むだけで当時の各国の人々の考え、社会背景、歴史や文化が知れる。
3巻のなかで個人的なおすすめは、「ハーメルンの笛吹き男」の謎に迫るジプシーの話。 第二次世界大戦中に、忽然と消えたジプシー達、彼等は一体何処に行ったのか?それを伝えるために一人の男は「ハーメルンの笛吹き男」の童話本を装って暗号を伝えようと、その本を仲間に託す。
ジプシー達が消えたのは、ジプシーの中に裏切り者が居たからだ・・・
それは、一体誰なのか。
 スケールの大きな話に、圧倒されっぱなしの展開。 漫画を読まない人にも読んでもらいたい。楽しめて、見聞が広がります。


さらに詳しい情報はコチラ≫





MASTERキートン (2)MASTERキートン (2)
勝鹿 北星 /浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 1998-11
価格:¥880(税込)
オススメ度:★★★★




漫画かそうでないかを抜きに楽しめます
ストーリーを考える人と漫画を描く人が別担当なのが大きく成功していると思います。ストーリー展開やそのプロッティングは短編小説を読んでいるかのよう。漫画かそうでないかを抜きに楽しめます。日英のハーフで、考古学者にして保険調査員キートン・太一が主人公。ユーモアがあってクールなんだけどクールになりきれない主人公やその他の端役も魅力的な個性を持っていて楽しい。

映画のようなスト-リー
 短編映画のようなストーリーの中に、人間の奥深さやかなしみが詰まっている。ひとつひとつがとても印象深く、子どもの頃感じていたような、はるかかなたへの憧れが沸き起こってくる。考古学者である主人公の影響だろうか。 ただ少し退屈なのは否定できない。文字が多くて眠くなるのは私だけかな…?でも危機一髪で危険を乗り越える主人公の技術と勇気は、きっとためになるはず。


さらに詳しい情報はコチラ≫





MASTERキートン (9)MASTERキートン (9)
勝鹿 北星 /浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 1991-07
価格:¥509(税込)
オススメ度:★★★★★




漫画かそうでないかを抜きに楽しめます
ストーリーを考える人と漫画を描く人が別担当なのが大きく成功していると思います。ストーリー展開やそのプロッティングは短編小説を読んでいるかのよう。漫画かそうでないかを抜きに楽しめます。日英のハーフで、考古学者にして保険調査員キートン・太一が主人公。ユーモアがあってクールなんだけどクールになりきれない主人公やその他の端役も魅力的な個性を持っていて楽しい。

なにものも、神の御名に・・・
表紙に英語で書かれたなによりも適切な解説である、この本を紹介を最初に(あい なおこ意訳)。「父は日本人、母は英国人の、古代ヨーロッパ文明の発掘を夢見る保険調査員。
彼の友人の、マフィアのドンの息子が爆弾の爆発で殺された時、キートンはその調査を依頼される。
この謎に包まれた男の活躍を描く、第9巻である。」この本の紹介の車爆破事件は思わぬ方へ話が展開します。「血と名誉の掟」と「愛と悲しみの掟」。愛と悲しみを知るからこそ、マフィアのドンはマフィアのドンたる者なのでしょうか?「コーンウォールの風」と「王の涙」。どんなときにも、自分のことを心配し、助けようとしている人がいるのだと、この2編で感じました。いくら冒険好きな子供でも、殺人事件に関わって大変なこと。キートン「を」邪魔しているのか?キートン「が」邪魔しているのか?「放課後探偵団の冒険」こんな子のお母さんだったら寿命がいくらあってもたりません。ほとんど目が見えない贋作画家ダグラスが数ヶ月前から行方不明。居場所をつきとめたキートンだが、逆に捕らえられ足の骨折を負う。「瞳の中のハイランド」。オリジナルな絵を求められる画家や、漫画家のうちにもダグラスと同じ苦しみを持つ人はいるのではないかと思います。キーワードは、「芸術は爆発だ!」そういう時代だったからこそ、時にはこんな恋もある、「五月の恋」。戦前に出会ってほんの少しだけ言葉を交わした英国人に50年振りに逢うために、日本人の老婦人が、単身ロンドンにやってきた。キートンの怪我を見舞いに来た百合子が老婦人を助けて何とか再会をとこころみるその顛末。せつなくていい話です。いい話としてはこれが白眉。「シャトーラジョンシュ1944」。葡萄酒製造の社長が、使用人にして葡萄酒作りの師、リベロと「神の助けが必要なほど苦しい目にあったら、二人で飲もう」と決めていた、たった1本だけ残された名品「シャトーラジョンシュ1944」。このコルクは開けられることなく、若い妻を中心としたシャトーの合理化計画が進んでいた--。泣けます。こういうのを現地でテレビドラマにしてくれればいいのにと思います。劇的です!


さらに詳しい情報はコチラ≫





MASTERキートン (8)MASTERキートン (8)
勝鹿 北星 /浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 1991-06
価格:¥509(税込)
オススメ度:★★★★★




ノーフォーク公を救え!
表紙に英語で書かれたなによりも適切な解説である、この本を紹介を最初に(あい なおこ意訳)。「父は日本人、母は英国人。かつてのSASエリートは
現在保険調査員であり、さらに考古学者でもある。
イギリス王室の任務で大学時代の友人、ノーフォーク公を救助するために、湾岸戦争勃発前夜のイラクに潜入する。この謎に包まれた男の活躍を描く、第8巻である。」この紹介の顛末を書いた5作連作、「豹の檻」「カルーンの鷲」「アナトリアの蟻」「死の都市の蠍」そして「井戸の中の鼠」。ノーフォーク公は重度の糖尿病患者で、インシュリンはわずかしかない。キートンたちの闘いが始まる。当時のイラクも現在のイラクもつねに中近東に緊張をもたらしている国。けして古くない話です。ある会計事務所は、雪深い別荘で会長の娘と婚約した男の重役昇進パーティーが行われた。キートンは雪道で難儀しているのを会計事務所のスーパーバイザーに拾われ共にパーティーに参加する、「禁断の実」。もしも子供の頃の小さな冒険がなかったら・・・?東西ドイツが統合して、東側で医者である一家の主を待つ母と娘。娘は「サンタはいる」と信じている。妻の元に夫の消息は伝えられない。クリスマスイブ、父がサンタに伝えてくれたというプレゼントを待つ娘--「西から来たサンタ」。キートンさんちにも、クリスマスはやってきています。そして最後に「賭の王道」。落語の「笠碁(かさご)(私の手元の本では、「ちくま文庫・古典落語 金馬・小圓朝集」に収録)」のような親友同士の老人の、「イカサマ賭」で二人の縁は断絶。
困った孫娘がイギリス同地に来ていて知り合ったキートンの父、太平に相談する。「イカサマ」といっても相手の人生を思うがあまりのこと。「笠碁」は仲がもどったけれど、本編では太平に秘策はあるのでしょうか?
紳士の国では賭のルールは2つ。「イカサマ」と「戦争」の賭はしないこと。
太平おじいちゃんがでてくるとなんとなく和やかになるんですよね。それにしてもおじいちゃんも若い若い。


さらに詳しい情報はコチラ≫





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。