上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼくんち―スピリッツとりあたまコミックス (3)ぼくんち―スピリッツとりあたまコミックス (3)
西原 理恵子
小学館 刊
発売日 1998-02




きっと現実
けして楽しい物語ではない。
子供はそのおかれた現実を理解できていたり、できていなかったりする。
できた一太は己を暴力と猥雑の中に自らを飛び込ませる。
できない幼い二太は見る。
ただ、見る。
暴力と汚辱の中に自ら飛び込んでいった兄を見、
もとよりないものであるはずの母を慕い、その代替としての姉を心より慕う。
かのこの目は彼女のその美しさとは裏腹に、
綺麗なものを見たことがまるでない。
愚かな母を見続け、どうしようもない仕事にその体を浸すしか術を持たない。
おいしいごはん。
それが彼女への、たったひとつの許しですらある。
こういちくんはきれいなものが見たいと言う本当の心を
いちばん大切な人の死によって知らされるはめになる。
お父ちゃんに死んでほしい女の子。お母ちゃんが死んでも商売は止まらんので、列車を走らせる家族。
生まれてから一度もきれいなものを見たことのないおっさん。
何も持っていないから、何もかもがなくなっても誰にも文句が言えない奴。
誰ひとりとして、この物語の中では救ってもらえない。
誰ひとりとして、救ってもらえるような奴なんかいない。
だけど子供は、笑うのだ。
そして言うのだ。
「こういう時には、笑うんやろ」

際限なく優しい人々
 不器用で、うまく生きられなくて、かっこわるくて、力もなくて。だから、どえらい貧乏で、どん底で、希望のカケラさえ持たない人たち。ないないづくしの人生をぎこちなく生きている。
 そんな人たちにサイバラは殴りながら言うのだ、「泣いて腹がふくれるかぁ!」「泣いてる暇あったら笑え!」と。
 なんちゅう世界でしょうか。サイバラの世界にタテマエなんて存在しません。あるのは、めっちゃキツイけど、まっすぐ前見て自分の人生笑ったれ!という喝のみ。これはきっと、サイバラのホンネ
 もしも人生崖っぷち、断崖に立ってその底を為す術もなく眺めていたら、きっとサイバラが無言で現れて、ガッと髪をひっつかみ、一緒に底まで落ちていってくれる。サイバラの漫画にはそういう優しさがある。崖の上からロープたらして救出なんていう偽善は、サイバラにはないんだから。

西原最高傑作
人間生きていく上で、よかれと思ってすることが悲しいこととイコールになることがある。
姉ちゃんは二太によかれと思い、別れを決意するがやはり別れは悲しい。
そして迎えにきたじっちゃんに二太は島を離れながら言う。
「ぼく知ってるで。こういう時は笑うんや。」
ああだめだ。こう書いているだけで泣けてくる。
コーイチくんの姉さんが死んだ時も泣いたがこの最終回もだめだ。
頭に浮かぶだけで涙目になる。
人生かなり長く生きてきた中で5本の指に入る泣かせる作品。
しかもお涙ちょうだいものでは全然ないところがすごい。
この人の作品はお笑いモノ系情緒モノ系に分かれるのだが、この作品は
両者がほどよくブレンドされた上に化学反応を起こし、とてつもない傑作となった。
でも言葉ではうまくこの涙が説明できない。読んでいただくしかない。
必ず全巻必読

これはいいです
無条件に泣けてしまう漫画、というのが私にはあるんですが
これはまさにあてはまりました
読んだ後にとてもじーんときます。
生きてることってこんなにも温かいんだなぁと思えました。
登場人物が皆そろいも揃って曲者なんだけれど、
人間って捨てたものじゃない!って思える人々で良かったです。
何かにすさんだなぁ、と思ったら是非!

生きていくこと
全3巻、かなり泣いた。実際、涙が零れて染みになってしまった
部分のページも数カ所ある。
マンガで泣く、よくある事である。
しかし、ここまで号泣したマンガは初めてだ。
登場人物は皆、我の姿、素行を写し出しているようだ。だけど、ここではそれらを全く「否認」しない。むしろ、「こうして生きてて何が悪いんだい?」と物語は私に諭す。この本をどのように捉えるかは各々の感じ方によりけりとしても、個人的読後感として、誰ひとりとして認めるどころか、責められてばかりの自分を、言い方が悪いが、このようなマンガ、が認めてくれた。自分は生きていてもいいんだ、生きるだけでいいんだ。
実際、登場するキャラは、皆、前を向いている。落ちぶれていようが、死を選ぶ者はいない
生きる事で精一杯でありながらも、決して届かないと知りつつ少しでも安らぎや
ゆとり、所謂幸せに近づきたい為なのか、笑顔を忘れない登場キャラが人生の重みを明るく語っている一冊。


さらに詳しい情報はコチラ≫


スポンサーサイト
ぼくんち―スピリッツとりあたまコミックス (2)ぼくんち―スピリッツとりあたまコミックス (2)
西原 理恵子
小学館 刊
発売日 1997-07




一太の初恋が初々しいです。
西原理恵子さんの漫画の中でこれはダントツだな、と私は思っているのですが、2巻の中で一太兄ちゃんの初恋がとても初々しくて見ていてほのぼのさせます。後、私はこの本を読んでもう何年もたってから、ぼくんちの中で一番男らしいのは一太兄ちゃんだったんじゃないか、と思い始めています。ねえちゃんの稼ぎでぬくぬく暮らすのが当たり前にならないために、俺、ひとりでやってみる、と言って家を飛び出すのですが、今、その言葉の重みを理解出来て、この本は(どの本でもそうですが)読む年代によって見方がいろいろ出来ていいな~と思います。オススメです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


ぼくんち―スピリッツとりあたまコミックス (1)ぼくんち―スピリッツとりあたまコミックス (1)
西原 理恵子
小学館 刊
発売日 1996-11




西原本の中で一番好きな本!
確かスピリッツだったと思うが、連載している頃から大好きな漫画でした。
とてもとても貧しくて、かなり過酷な環境に生まれ育った兄弟と姉ちゃんのお話。
なんていうんだろう、とても悲惨な境遇であまりにも皆貧乏で、こんな生活している人達って今の日本にいるの?
て思うような人達ばかりの生活を描いているんだけど、とても明るくほのぼのと描いてます。でも、やっぱりほのかに悲しいお話です。
前につきあっていた彼氏に貸したら、「俺、ブルーになった。。。」と一言。
確かに。そういう一面もあるけど、それよりなにより登場人物達のけなげさや正直さそして報われなさ。。。そういうもろもろを感じ取ってほしいなーと思いました。
とにかく私の中では名作です。

濃く煮詰まった名作
どうしようもない現実を明るく笑い飛ばすかのように救いがたい話を明るい色に大雑把な線で描いた名作です。
簡単で奥深い名台詞と、生きるヒントに満ちています。
たとえ描かれている生活に縁がなかったとしても得るものがある作品であり、何度読み返しても飽きません。
個人的にはかの子姉ちゃん常盤貴子がベストだと思っていたので映画はまだ観ていません。
でも評判いいみたいですね。観てみようかな。


泣く 笑う
たくさんの色んな意味の笑顔と涙がドブ水で煮しめられている。
一見、グロテスク。が、絶品。
「ねえちゃん、まん中にいると時間がもったいないよ。泣くか笑うか、どっちかしないと」
だから、この作品にはどっちかしか無い。
泣くか笑うか。
琴線に触れる真実があるのかな。自然と涙がこぼれるてくるから。んでやっぱり、読者もどっちかしか無いんだ。
泣くか笑うか。

りえぞう先生の集大成
現在も活躍中の作家に対し集大成なんて表現を使ったら間違いなく怒るだろうな。特にりえぞう先生の場合は。「ちくろ幼稚園」の過激さと「ゆんぼくん」「晴れた日は学校を休んで」の叙情性を併せ持つ本作はまさに集大成である。映画にあわせて一冊にまとめられたコミックスも出たが、出来たらオールカラーである本作のほうを読んでほしい。ある著名人が本作の作者を評して言った事が本当に的確で今も心に残っている。「彼女ほど公平な人間はいない」ひとつの物事をさまざまな視点から捉えている作者には毎度毎度脱帽してしまう。本作は、作者が現在も描きつづけている「生きていくこと」の喜怒哀楽をぎっちりと詰め込んだ傑作である。

傑作です
西原さんの作品はどれも大好きですが、これも最高にすばらしいです。涙いっぱいです。現代の社会には見られることが少なくなったような情景ですが、とても「現実」で、きっと皆がどこかに懐かしさとか、きゅんとした切なさとかをいっぱい感じることでしょう。いやこれはもう「哲学」入ってます。本当に。もちろん最後の巻まで読んでほしいです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。