上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PLUTO 4 豪華版PLUTO 4 豪華版
浦沢直樹/手塚治虫
小学館 刊
発売日 2006-12
価格:¥1,400(税込)
オススメ度:★★★★★




物語は佳境へ
 PLUTOの第4巻は、話の展開が速く緊迫感が増す内容となり、これまで以上に引き込まれました。全編を通して、人とロボットが共存していく未来社会のジレンマが、ロボット側に寄り添う形で描かれています。これまでもそうですが、巻末が、読者をして次巻を待ち遠しいと思わせる展開となっているところに浦沢直樹の構成のうまさを感じます。
 また、本書の内容とは直接かかわりませんが、過去3冊、豪華版を買ってしまったので、その流れが切れず、今回も豪華版を買いました。私は特別な浦沢直樹のファンではないので、第2巻以降のおまけ(付録)にはガッカリしています。
浦沢直樹のファンにはいいんでしょうが。

今回は・・・
 星新一先生です。ショートショートの達人、星新一先生の「来訪者」を高校生のころの浦沢直樹漫画化したまんがノートがおまけです。
 手塚治虫先生の原作「鉄腕アトム」を知っているので、この巻の衝撃的な出来事も納得できます。でも、天才浦沢直樹の目線は素晴らしいです。やはりこの「PLUTO」の主人公はゲジヒトなんですよね。そこに注目していきたいです。
 浦沢直樹も手塚治虫先生の原作を裏切ることは出来ないと思いますが、この後の展開は待ち遠しいです。鉄腕アトムの生みの親、テンマ博士も登場しました。
 「PLUTO」の、コミック最後に重要人物登場、という展開は狙ってやってるようですね。うまいこと書いてくれます。


深まる謎と見えてくる真犯人の影
息もつかせぬ展開の第4巻です。
お茶の水博士のシーンは、博士のロボットへの愛にあふれていて、思わず一緒に涙してしまいました。
アトムに、ゲジヒトに、襲いかかる魔の手に思わず・・・!!です。
今回の付録は浦沢直樹、若かりし頃の作品。星新一先生原作の漫画です。
いかにも授業中にノートに書いたという風情で、浦沢直樹ファンには嬉しいおまけですね。
個人的には鉄腕アトムに関するおまけがほしかったです。
でも本編がすばらしかったので、星5つ。


さらに詳しい情報はコチラ≫


スポンサーサイト
プルートウ―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より(4)プルートウ―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より(4)
手塚真/浦沢直樹/手塚治虫
小学館刊
発売日 2006-12-26
価格:¥550(税込)
オススメ度:★★★★




ネタバレなし感想
1~3の引きもすごかったが、4の引きも絶大。物語にぐいぐい引っ張られる。
常に次のページが気になる。
ページを先に進めるたびに、過去の巻を読み返したくなる。
(原作と比べて)こう来たか!と浦沢直樹の表現方法に唸る。
既刊と同じく読み切り的な短編も挟まれているが、全ての物語がひとつの結末につながると思うと続刊が気になってしょうがない。
だが、物語の先を想像するのもまた楽しい。
私はこの漫画に出会えたことを感謝する

待望の続編!
TVで浦沢直樹が描いてましたね、掲載前のページ!
コミックス派としてはTV画面から目を反らしたい瞬間でしたが、絵を描きながらの一言。「ロボットはこんな風に手を置かない。」
人間なら・・・ロボットなら・・・。そんな前提が何の意味も持たなくなる、曖昧になる境界線を、御茶ノ水博士の冒頭の涙が表していた気がします。
その境界線をグラグラと揺らし続ける悪は、誰かに利用されているのか、その逆なのか。
「地上最強」じゃなく「地上最大」とはどういう意味なのか。
明日くらいに続刊が出るといい。

解説が毒舌ですが・・・・・
やっぱり面白いです。浦沢直樹の作品で1番面白いって言っていいくらいの作品ですよ、これは。
この巻ではついに鉄腕アトムの生みの親天馬博士」が登場。チンピラ風貌ですが気にしない、気にしない(汗)この人の一言が物語をさらに謎にしてくれます。続きがよけいに気になります。
さて解説見てびっくりしました。解説は西原理恵子漫画なんですがとにかく毒舌。話が長いとか、辛気臭いとか解説でボロクソに言う人は初めてです。でも、「話が長い」というところにはなんか共感してしまいました。ちょっとじらしすぎな気がするので☆4つです。
本当に続きが気になって仕方ありません。

原作を超える魅力
浦沢直樹はどんだけ才能があるんだという感じの4巻。
手塚治虫先生の原作を読んでいるが,私個人の意見としては原作を超える面白さがある。
この4巻は、非常に続きが気になる終わり方である。
残りのロボット数からしても、もう後半に入ってきたんではないかと思うのだがあとはどうやってうまくまとめるかなんだと思う。
あまり長すぎても、しょうがないし上手いまとめかたをしてくれればと思う。

アトムお兄ちゃんが死んじゃった……
PLUTOを読んでいる人の大半は手塚治虫先生の原作を読まずに手に取ったんじゃないでしょうか?
それでも「鉄腕アトム」の名前は知らない人はいないというくらいの作品です。
たとえ姿形が違っていても、ゲジヒトを中心に描いたと知っていても、やはりアトムの死亡というのは強烈な印象を残しました。
1,2巻を読んでいたときには、「ロボットの存在意義」「人の命」と、敢えて言えばテーマとしてはありふれている物を今更過去の作品をリメイクしてまで取り上げる必要があるのか? と感じたのですが、巻を進めていくにしたがって、浦沢直樹手塚治虫先生の原作「鉄腕アトム」から感じたもの、描きたいものはもっと深い所にあるように思えてきました。
登場人物が一通り揃った世界で、これから見えてくる浦沢直樹の描き出す世界が楽しみです。


さらに詳しい情報はコチラ≫



PLUTO 3―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (3)PLUTO 3―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (3)
浦沢直樹/手塚治虫
小学館 刊
発売日 2006-03-30
価格:¥550(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送




どんどん深みにはまっていく。こ、これが浦沢直樹ワールド?って、常に新しい取り組みを行っている人だからここからもっと面白くなりそう。
さらに詳しい情報はコチラ≫



PLUTO (2) ビッグコミックスPLUTO (2) ビッグコミックス
浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 2005-04-26
価格:¥550(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




浦沢ワールド
 手塚治虫さんの作品である鉄腕アトムは大変大きなアニメです。そんなアニメを原作に使うとなると必然とその世界、絵柄などを壊さないように気を使って自分の描く世界をうまく作れないでしょう。しかしこの作品は違います。この作品には手塚ワールドではなく、浦沢ワールドが確かに存在します。浦沢さんの持つあの独特の雰囲気が失われていない。手塚治虫という名前に押しつぶされず、むしろいい具合に調和できている。早く続きが読みたいです。

唸りました。
田鷲警部、お茶の水博士が登場し、鉄腕アトムのキャストが次々と顔を見せてくれます。田鷲警部は口髭を生やしていますが、かなりダンディで、お茶の水博士の鼻もちょっと大きいくらいでしょうか。人間っぽくなってます。表紙の絵を見ての通りアトムもこんな感じですが、重々しいストーリー進行には唸らせられます。ふーっと息をついてしまうようなヘビーな作りでした。そこへかわいい女の子が登場して、あっウランだ、と思ったところで2巻目が終わりでした。この演出もなかなかのものです。アトムファンのかたにはお勧めです。

いよいよ、アトム登場で、益々面白くなった浦沢渾身のリメイク作!
 アトムやウランも登場して、いよいよ佳境に入る第2弾!あの傑作「MONSTER」を読み続けた時も感じた事だが、浦沢直樹って、本当に稀代のストーリー・テラーだと思う。今作でも、各エピソードにはりめぐらされた“サスペンス”、“伏線”、“抒情性”、“余韻”の絶妙さには、ほとほと感心させられる。中でも、ロボットたちが見せる、人間よりも人間らしい、感情の痛切さと言ったら、、、。ゲジヒトの記憶チップを読み取った後、ひとり“涙する”アトムの姿や、ブランドの最期の送信データの“乱れた画像“に、思わず涙してしまうは、ボクだけではない筈だ。一応架空の国名とはなっているが、誰もが連想出来る「大国」の陰も見えてきたし、益々次回への期待が膨らんできた。手塚治虫の前作でも、最も博愛的で愛すべきキャラクターであり、今作でも魅力的な存在となるであろう、まだ見ぬエプシロンのパートを一刻も早く読みたい衝動を抑え、このクオリティを持続させる為、じっくり執筆して欲しいものだ。

浦沢直樹 VS 手塚治虫
手塚治虫の鉄腕アトムの1エピソードを元に、浦沢直樹が独自の視点で再構築した本作。単なるオマージュやパロディではなく、手塚作品にたいし、浦沢直樹が、「私なら、こうやって、もっと面白くする。」と、真っ向勝負を掛けている。若手の作家に対するライバル意識が強かったという手塚治虫が存命中なら、きっと、浦沢氏に猛烈なライバル意識を燃やしたに違いない。本作が単なるリメークと思って手にしていないマンガファンがいたら、それは大きな損失。是非手にしてください。日本を代表する漫画家の真っ向勝負が堪能できます。第二巻にてアトムが登場。いまだ、本当の敵、主人公ゲジヒトの過去など、謎は積み重なるだけで、ひとつも明らかにならず。手に汗握る展開。次のストーリーの待ちどおしさは、MONSTERの連載後期以上です。

謎が謎を呼ぶ…
まず、前置きとして私この世に生を受けて30有余年『鉄腕アトム』は
見たことがあっても、『史上最大のロボット』は記憶がトンとない…
プルートは知っているのだが…
だから、抵抗なく物語を見られるのかも知れないが、
浦沢直樹のサスペンスとしても全く遜色ない。この2巻では本来主人公
であるべき(?)アトムがカバーに描かれています。
といっても従来のアトムではなく、かわいい(ショタコンぽい)アトムが
登場します。
物語はユーロポールのロボット刑事『ゲジヒト』の視点から描かれています。
襲われるロボットたちと人間たちの関係と過去。他ならぬゲジヒトにも
因果がありそうで…そんな中またもや犠牲者が…
御茶ノ水博士も何か影がありそうな描かれ方だし
唯一の救いは最後のウラン登場のシーンかな


さらに詳しい情報はコチラ≫



PLUTO 1 (1) 【豪華版】 ビッグコミックススペシャルPLUTO 1 (1) 【豪華版】 ビッグコミックススペシャル
浦沢 直樹 /手塚 治虫
小学館 刊
発売日 2004-09-30
価格:¥1,800(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




ロボットの心を描く大作-浦沢直樹版鉄腕アトム-
 『YAWARA!』『MONSTER』『20世紀少年』などで数々の賞を受賞してきた浦沢直樹氏の新作。
 本作はマンガの神様、手塚治虫氏の名作『鉄腕アトム』より「史上最大のロボット」を原作としている。浦沢版の特徴は、原作では大きく扱われることのなかった刑事ロボット、ゲジヒトを主に据え、事件の謎を追っていくミステリー仕立てとなっている点である。
 第1巻の見所は、ゲジヒトの事件との遭遇からその核心へと迫っていく緊迫のミステリー。戦闘ロボット、ノース2号と老作曲家の人間ドラマ。そして、本巻の最後のコマではついにあのロボットが登場する。
 ミステリー仕立てのドラマでありながら、機械人形にすぎないはずのロボットたちの「心」を描く。あるはずのない「心」へのロボット自身の接し方を通じて、読後には感じ入る何かが残る作品である。
 豪華版には、手塚版「史上最大のロボット」が収録されているので、読み比べる楽しみも味わってほしい。
 第1~7話(ビッグコミックオリジナル2003年18号~2004年8号分)収録。

満足です。
原作を尊重しつつ、登場人物のキャラ付けや心理描写まで深く掘り下げた今作品は、四十数年の歳月を経て補完され熟成した、物語の完成体となり得る作品だと思います。全国に散らばる無数の「アトムの子」の中から、浦沢直樹がリメイクの名乗りを上げたことは、ファンにとって幸運だったと思います。

最高です!
最近、「アイ・ロボット」を見てきました。
アジモフのロボット3原則のやつです。
見ながら思ったのは鉄腕アトムの「青騎士」でした。
自分の大脳皮質、もしくは海馬には手塚遺伝子がこれでもかというくらい、刻まれているのを自覚しました。この本は手塚治虫氏へのオマージュであり、浦沢氏という稀代の漫画家の挑戦のひとつでもあります。原作では2ページでいなくなってしまうモンブランをあそこまでじっくりと書き上げられるのは時代が漫画を認めたからで、その功労者が手塚治虫なわけです。おまけの原作を読み返しながら、今後の展開にも期待したいですね。

浦沢直樹渾身の一作!
ハリウッド映画では今はリメイク作品などめずらしくない。
しかし、漫画で、それも高水準を誇る日本漫画界の礎を作った「漫画の神様」、手塚治虫の「鉄腕アトム」を、「モンスター」「20世紀少年」の浦沢直樹が料理するのだ。オリジナルにはないノース2号のエピソードなどもテーマに沿い、泣かせる。
この豪華版は手塚版「地上最大のロボット」とのセットなので、オリジナルを味わいつつ、どんなアレンジで浦沢直樹版が語られるのか、今後がますます楽しみになる一冊である。
手塚版を読んでいて意外だったのは、アトムとプルートウの初対面のシーン。プルートウの野次ひとつでアトムはプルートウと戦ってしまう。えっ?アトムって意外と好戦的・・・♪心優し、ラララ科学の子♪だったはずでは?。御茶の水博士の強い制止でひとまずその場は収まる。しかしその後、プルートウと戦うことを決心したアトムは、悩みながらも生みの親、天馬博士に自身の改造手術を依頼する・・・。
プルートウの戦いの動機は「主人の命令」と明快。つまりプルートウの意志ではない。
他者(=主人=時の権力者)の意志により命を落とす・・・・戦争やテロのむごさ、むなしさを、手塚は、絶えず訴えてきた。
手塚版は、自分の愛する者達を守るためとはいえ、大いなる力を持つ者としてのアトムがとるべき道は何かを問いかけているのではないだろうか。手塚版でのアトムは、天馬博士の手による改造手術の末、回路に支障をきたし、一時的に暴走してしまう。
このあたりを浦沢版がどう書くのか。浦沢版のアトムの姿にも驚いたが、今後の展開も期待大だ。浦沢版で・・・天馬博士・・・まさに「ドクターテンマ」の手によってアトムはどう「再生」するのか?「モンスター」終了後、アトム生誕の2003年にこの作品がスタートしたのもすべて「浦沢直樹の宇宙」の流れに沿っているに違いない。2巻以降も掲載誌と同じサイズの豪華版を続けてほしい。

さすがでんな~浦沢はん!
読ませていただきました。一言、「こりゃ面白い」。
最初、この01巻の表紙の目つきの鋭い人(ロボット)、悪役かと思ったんですよ。
しかしこの方が、物語の進行役ともいえるドイツのロボット刑事ゲジヒトさんその人だったんです。
(これぐらいのネタばれは良いよね?)
ちなみに02巻に写ってるのは浦沢版アトムはん。ずいぶんとかわいらしいですな。
最初は手塚版アトムと同じ顔の設定だったけど、
手塚氏の息子さんに、どうせやるなら浦沢さんのオリジナルで・・
とダメだしがあったらしく、このようになったとか。手塚版がどこかあっけらかんとした軽さ(現代だから軽く感じるのだろうが)を感じるのに対し、
浦沢版はものすごくアレンジがきいています。ひねりがきいています。
大人の味になった感じ。ビターテイストです。演出が良いですね。ちなみに宝塚にある手塚治虫記念館に行ったときに、
手塚氏の学生時代の医学関係のスケッチとか、蝶々のスケッチとか見たんですが、
図鑑と言うか、写真みたいな絵を描く人なんですよ。
「えっ!これがあのへたうま(失礼!)な漫画を描いた人!?」って思うぐらい。
全然ちがう。つまり手塚氏は確信犯だったわけですな(笑)。
あれをみて私の手塚氏に対する評価が大きく変わりました。
「あー、わざと子供向けっぽい絵柄にしているのか」と。話がそれたが、「PLUTO」。これは買いです。面白い。
そしてどうせ買うなら手塚氏のオリジナルが付属し、絵も大きい豪華版だと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫



PLUTO (3) 【豪華版】PLUTO (3) 【豪華版】
浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 2006-03-24
価格:¥1,400(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送





さらに詳しい情報はコチラ≫




PLUTO (2) 【豪華版】PLUTO (2) 【豪華版】
浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 2005-04-22
価格:¥1,500(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




第3巻の付録に期待
物語の面白さもさることながら、オールドファンにとってはなつかしい登場人物がうれしい。お茶の水博士やウランちゃんはもちろんのこと、田鷲警部(警視?)や中村課長まで出てくるのがいい。人物ではないがワンワンパトカーもちょこっと出てきてサービス満点。このあとヒゲオヤジ氏も登場するのだろうか。悪役にスカンク草井なんか出てきたら言うことなし。星5つにしたいところだけれど付録がもうひとつで減点1。付録には雑誌『少年』のアトムの別冊付録復刻版なんか期待するのだけれど、小学館と光文社ではそこまで望むのは無理か。

豪華版を買った後悔
俺としては、2巻以降は別に付録は付けないでいいから900~1000円ぐらいのものにしてほしかった。
正直、リアルタイムでアトムを知らなかった世代の自分としてはマーブルチョコレートにステッカーがついていたことも知らなかったし、そのステッカーが復刻したところで何の感慨もないわけで。
でも1巻から豪華版を買った自分としてはやはり2巻も豪華版でと思い買ったが、やはり値段が割に合わない。
豪華版というのは、アトム世代の人のためのものなんでしょうかね?自分がターゲットにされていない気がして何となく疎外感が。

高すぎ・・・。 2005-04-25
1巻では手塚の原作が付いていたので、価格の面でも満足のいくものであったが、2巻のはまったくただの付録でしかなく、ストーリーを純粋に楽しむのなら豪華版は少々高めかと思われる。
ただ、カラーページは大変綺麗に仕上がっていた。

出版物の内容は★★★★★ おまけのせいで-★
1巻を豪華版で購入したものの、2巻目以降は豪華版は出ないと思ってましたが、フツーに出版されました(^。^;)ホッ(本を並べたときに高さが揃わないのでかなり心配してました)
2巻は、1巻以上に世界が広がり、物語も少しずつ盛り上がってきました。早くも3巻が楽しみです。
しかし!このおまけは何ですか!?1巻豪華版のときと比べ…あまりにも…情けないものが…。おまけのせいで、せっかくの豪華版の高級感を損なっているような気がしてなりません。
下手なおまけなら、むしろ要りません。と思いました。

今度はウラン
 第1巻では、雨合羽を着ていたのでわからなかったけど、アトムの頭は、遠慮がちにはねている。
 誰でも知っている『鉄腕アトム』のあの髪形は、手塚治虫が寝癖ではねた自分の頭を鏡で見て、思いついたという話を聞いたことがあります。このマンガのアトムは、その由来通りの、寝癖のついた頭になっていますね。
 アトムがサーカスに売られたという、20世紀風の設定も、そのまま……。
 田鷲警視、お茶の水博士、おなじみの手塚キャラクターが、続続登場。
 ボラー、ゴジ博士、原作では謎解き部分の重要なキーワードも登場する。
 テディベアといえばルーズベルト。ゲジヒトの『記憶』、ロボット殺人と平行して行われる人間の殺人事件、ロボットのような『人間』の影。原作にない謎も深まるばかり。
 これからどう展開していくのか、非常に楽しみです。そして、ウランが、登場した。
 【豪華版】は、B5判の雑誌サイズ、雑誌掲載時のカラーページをすべて再現(といってもそれほど多くはない)、そして、私にはいかほどの価値があるのかわからないが、マーブルチョコの箱と、復刻版のアトムシール、プルートウシールが付録として付いている。はっきり言って高いと思う。☆1個減点です。


さらに詳しい情報はコチラ≫




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。